スペースのポータルの表示コンテンツ/カスタマイズ

スペースのポータルとは、スペースの管理ダイアログで「スペースのポータルと複数のスレッドを使用する」にチェックを付けた場合に、そのスペースのトップページとして表示される画面です。kintone全体のポータル(トップページ)のように、スペースの入り口の役割を持ちます。

ここでは、スペースのポータルに初期設定で表示される情報と、ポータルをカスタマイズする方法を解説します。

スペースのポータルの表示コンテンツ

初期設定では、スペースのポータルには次の情報が表示されます。

エリア 説明
(1) お知らせ(スペースの本文) このスペースで共有したい情報を自由に記述できるエリアです。アプリのレコード一覧やグラフを配置することもできます。
お知らせは、スペースの参加メンバーの目に止まりやすいエリアです。通達事項や、よく使うアプリへのリンクなど、参加メンバーに積極的に見せたい情報を掲示しましょう。
お知らせの内容は、お知らせの右上の編集ボタン から、スペース管理者のみが編集できます。
アプリのレコード一覧やグラフを配置する方法については、スペースやスレッドにアプリを貼り付けるを参照してください。
(2) スレッド このスペース内で作成したスレッドが表示されます。
スレッドの作成方法については、スレッドを追加するを参照してください。
(3) アプリ このスペース内で作成したアプリが表示されます。ただし、運用開始前のアプリ(作成途中で未公開の状態)は表示されません。
スペース内アプリの詳細は、スペース内アプリとはを参照してください。
(4) ピープル このスペースに参加しているメンバーが表示されます。
スペースへの参加方法については、スペースに参加/退会するを参照してください。また、スペース管理者が参加メンバーを変更する方法については、スペースのメンバーを追加/削除するを参照してください。
(5) 関連リンク このスペースに関連するアプリやスペースへのリンクが表示されます。
関連リンクの詳細は、関連リンクとはを参照してください。

スペースのポータルのカスタマイズ

kintoneが提供するAPIを利用して、スペースのポータルをカスタマイズすることが可能です。カスタマイズを行うことにより、各スペースの目的や役割に応じた内容を、スペースのポータルに表示することができます。
スペースの管理ダイアログで、スぺースのポータルに表示される各コンテンツを非表示にして、カスタマイズした情報だけを表示することもできます。

カスタマイズ例:
各種ボタンの設置や、別システムの情報の取得・表示などのカスタマイズが可能です。

JavaScriptファイルをkintoneに適用する際は、kintoneシステム管理の「kintone全体のカスタマイズ」から適用します。詳しくは、JavaScriptやCSSを使用したカスタマイズを参照してください。