メール通知を設定する

kintoneで受信した通知をメールでも受け取ることができます。
アプリ、スペース、ピープル、メッセージの通知をメールで受信できます。

メール通知を受信するには、次の設定が必要です。

  • cybozu.com共通管理者がシステムメールの設定をする
  • 通知を受信するユーザーのメールアドレスの設定をする(cybozu.com共通管理者または各ユーザーが設定)
  • システム管理者がメール通知機能を有効にする
  • 必要に応じて、アプリ管理者がアプリごとの通知設定をする
  • 各ユーザーが個人設定で設定する

メール通知の設定の流れを説明します。

システムメールを設定する(管理者)

メール通知を受信するには、cybozu.com共通管理でシステムメールが設定されている必要があります。
詳細な手順は管理者がメール通知を設定するのページで説明しています。

メールアドレスを設定する(ユーザーまたは管理者)

自分のプロフィールにメールアドレスが設定されているか確認します。
プロフィールの確認、変更方法はプロフィールを確認・変更するのページで説明しています。
cybozu.com共通管理者がユーザー情報にメールアドレスを設定することもできます。
ユーザー情報を編集する

メール通知機能を有効にする(管理者)

システム管理者が、システム管理の利用する機能の選択画面でメール通知機能を有効にします。

アプリの設定(アプリ管理者)

通知を受信したいアプリで、必要に応じて各アプリの管理者が通知を設定します。
アプリの通知設定では、さまざまな通知条件を設定できます。

たとえば、「レコードが登録されたらAさんに通知を送る」「ステータスが”承認”になったら登録者に通知を送る」といった運用も可能です。 画像

自分のメール通知の設定(ユーザー)

個人設定からメール受信の設定を行います。

  1. 画面右上の設定アイコン 設定アイコン をクリックし、[個人設定]をクリックします。
    画像

  2. メール通知の受信設定、受信する対象、受信形式を選択します。
    画像

    自分宛の通知とすべての通知の違いは、次のページで案内しています。
    「自分宛」の通知と他の通知の違い
    メール通知を受信する操作の詳細は、次のページの「メール通知の受信」の列を参照してください。
    通知が送信されるタイミングと宛先

  3. [保存]をクリックします。

以上の設定で、自分宛またはすべての通知をメールで受信できるようになります。

アクセス制限が設定されている場合の注意

管理者がアクセス制限を設定している場合、メール通知に記載されたURLからkintoneにアクセスするには、次のいずれかの設定が必要です。

セキュアアクセス

メール通知に記載されたURLにアクセスすると、次の画面が表示されます。
画像
セキュアアクセスの使用に必要な設定をしている場合、チェックボックスを選択してURLをクリックすれば、kintoneにアクセスできます。

Basic認証

管理者がBasic認証を有効にしている場合、メール通知に記載されたURLにアクセスすると、認証画面が表示されます。
Basic認証のユーザー名とパスワードを入力します。ユーザー名とパスワードは、管理者に確認してください。

Google Chromeでの認証画面の例:
画像

2要素認証

2要素認証を有効にしている場合、メール通知に記載されたURLにアクセスすると、ユーザー名とパスワードを入力してログインしたあとに確認コードの入力が求められます。
Google Authenticatorなどの認証アプリを起動して、表示される6桁の確認コードを入力してください。 画像

確認コードの入手方法の詳細は2要素認証の確認コードを入手するにはのページで説明しています。