モバイルでkintoneを使う

モバイルからkintoneにアクセスして、通知の確認や書き込みなどPCと同様の操作を行えます。外出先でもkintoneの情報をいつでも確認できます。
モバイルからkintoneを使うには、次の2通りの方法があります。

方法1:モバイルのWebブラウザーでアクセスする

iOS SafariまたはAndroid Chromeからkintoneにアクセスできます。いずれも最新版のWebブラウザーで動作保証しています。

iOS SafariまたはAndroid Chromeを起動し、URL欄に利用中のkintoneのURLを入力すると、モバイル用に最適化されたkintoneにアクセスできます。
設定方法の詳細はiOS Safariでkintoneを使うおよびAndroid Chromeでkintoneを使うで説明しています。 

iOS SafariおよびAndroid Chromeでkintoneを使うメリットは、kintone内のリンクを別タブで開けることです。iOS Safariでは、添付ファイルフィールドで画像を複数まとめて選択して添付できます。

社内のセキュリティ環境によっては、事前に設定が必要な場合があります。iOS SafariおよびAndroid ChromeでURLを入力してエラーが表示される場合は、クライアント証明書のインストールなど環境の設定が必要です。
環境設定の詳細はオフィス外からサービスにアクセスするを参照してください。

方法2:モバイル用アプリを利用する

モバイル用アプリ「kintone モバイル」を使ってkintoneにアクセスできます。
App StoreまたはGoogle Playで「kintone」と検索するか、次のバナーをクリックして、kintone モバイルをダウンロードしてください。

Google Play で手に入れよう

最新のiOSおよび最新のAndroid OSで利用することをおすすめします。詳しくは動作環境のページをご覧ください。

kintone モバイルのインストールを実行して、サブドメインやログイン名などを設定したあと利用できます。インストール方法の詳細はiOSのモバイルアプリを利用するまたはAndroidのモバイルアプリを利用するを参照してください。

kintone モバイルを使うメリットは、プッシュ通知を受け取れることです。チームメンバーからの連絡やワークフローの通知をすばやく確認できます。

モバイル版でできないこと

kintoneをモバイルで利用する場合、モバイル版とPC版のいずれかの表示モードを利用できます。モバイル版には、PC版と比べて以下の制限があります。

全般

  • ポータルのお知らせの編集はできません。
  • ポータルで通知および未処理の表示はできません。
  • アプリ貼り付けで表示されるレコード一覧では、編集と削除のアイコンは表示されず、編集と削除の操作はできません。

アプリ

  • アプリの作成および設定画面の操作はできません。
  • レコードの絞り込み条件は指定できません。
  • 変更履歴で、レコードを過去のバージョンに戻せません。
  • レコードの集計条件は指定できません。
  • 表、クロス集計表、および定期レポートは表示できません。
  • グラフの要素をクリックしても、該当するレコードを絞り込んだレコードの一覧画面には移動しません。
  • 集計結果をCSVファイルに書き出せません。
  • 集計結果の埋め込み用タグは取得できません。
  • リッチエディターの編集はできません。
    リッチエディターフィールドには、プレーンテキスト(装飾のないテキスト)のみ入力できます。
  • アプリの説明は表示されません。

スペース

  • スペースとスレッドの作成はできません。
  • スペースへの参加、スペースの退会はできません。
  • お知らせやスレッド本文の編集はできません。
  • スレッドのフォロー、フォローの解除はできません。
  • スペースとスレッドの削除はできません。
  • 管理画面の操作はできません。

ピープルとメッセージ

  • リッチエディターの入力はできません。

そのほかの制限事項については、制限事項の「iOS Safari」および「Android」の内容を参照してください。
モバイルでPCと同様の画面に切り替えて利用することもできます。切り替える手順はPC版の画面をモバイルから利用するで説明しています。