営業支援パックを削除する

営業支援パックを削除するには、アプリ間の参照を解除してから、個々のアプリを削除する必要があります。
営業支援パックを削除する方法を説明します。

営業支援パックの相関図

営業支援パックの相関図 営業支援パックの顧客管理、案件管理、活動履歴は、ルックアップフィールドと関連レコード一覧フィールドで紐づけされています。赤い矢印はルックアップフィールド、青い矢印は関連レコード一覧フィールドです。

削除するフィールド

アプリ間の参照を解除するために削除する必要があるフィールドは、ルックアップフィールドと関連レコード一覧フィールドです。
各アプリのルックアップフィールドと関連レコード一覧フィールドを削除すると、アプリを削除できます。 削除する順番は任意です。

活動履歴アプリ

「顧客名」「案件名」「案件詳細」フィールドを削除します。 活動履歴アプリのフィールド画面

案件管理アプリ

「顧客名」「案件に紐づく活動履歴」フィールドを削除します。 案件管理アプリのフィールド画面

顧客管理アプリ

「案件一覧」「活動履歴」フィールドを削除します。 顧客管理アプリのフィールド画面

手順

フィールドを削除する手順の一例を解説します。

STEP1:活動履歴アプリでルックアップフィールドと関連レコードフィールドを削除する

  1. 活動履歴アプリの設定画面を開きます。
    アプリの設定画面を開く
  2. 「フォーム」タブが選択されていることを確認します。 活動履歴アプリのフィールド画面
  3. ルックアップフィールドの「顧客名」にマウスを合わせ、歯車のメニューから[削除]をクリックします。
    顧客名フィールド削除
  4. 確認画面で[削除する]をクリックします。
  5. 同じくルックアップフィールドの「案件名」にマウスを合わせ、歯車のメニューから[削除]をクリックします。手順4と同様に、フィールドの削除を確認する画面が表示されたら、[削除する]をクリックします。 案件名のフィールド削除
  6. 関連レコード一覧フィールドの「案件詳細」にマウスを合わせ、歯車のメニューから[削除]をクリックします。フィールドの削除を確認する画面が表示されたら、[削除する]をクリックします。
    画像
  7. [アプリを更新]をクリックします。 アプリを更新をクリック
  8. 確認画面で[ OK ]をクリックします。

STEP2:案件管理アプリでルックアップフィールドを削除する

  1. 案件管理アプリの設定画面を開きます。
    アプリの設定画面を開く
  2. 「フォーム」タブが選択されていることを確認します。 案件管理アプリのフィールド画面
  3. ルックアップフィールドの「顧客名」にマウスを合わせ、歯車のメニューから[削除]をクリックします。 顧客名フィールドの削除
  4. 確認画面で[削除する]をクリックします。
  5. [アプリを更新]をクリックします。 アプリを更新をクリック
  6. 確認画面で[ OK ]をクリックします。

STEP3:顧客管理アプリを削除する

  1. 顧客管理アプリの設定画面を開きます。
    アプリの設定画面を開く
  2. 「設定」タブを開いて、[アプリの削除]をクリックします。 アプリを削除をクリック
  3. 確認画面で[ OK ]をクリックします。

STEP4:案件管理アプリを削除する

  1. 案件管理アプリの設定画面を開きます。
    アプリの設定画面を開く
  2. 「設定」タブを開いて、[アプリの削除]をクリックします。 アプリを削除をクリック
  3. 確認画面で[ OK ]をクリックします。

STEP5:活動履歴アプリを削除する

  1. 活動履歴アプリの設定画面を開きます。
    アプリの設定画面を開く
  2. 「設定」タブを開いて、[アプリの削除]をクリックします。 アプリを削除をクリック
  3. 確認画面で[ OK ]をクリックします。

アプリの削除をしようとしてエラーが表示されたときは

[アプリを削除]をクリックしてエラーが表示された場合、アプリ間の参照が残っています。エラーメッセージに表示されたアプリの設定画面を開いて、ルックアップフィールドや関連レコード一覧フィールドを削除してください。
エラー例:
アプリ削除でエラー