ほかのアプリを再利用して新しく作成する(アプリのコピー)

記事番号:040630

作成済みのアプリを再利用して、新しいアプリを作成できます。
フォームや一覧などの設定が引き継がれるため、1からアプリの設定を行う手間を省くことができます。
アプリを再利用して作成するためには、アプリ管理権限が必要です。アプリ管理権限の設定については、次のページを参照してください。
アプリにアクセス権を設定する

引き継がれない項目

ほかのアプリを再利用して作成したアプリには、次の項目の設定が引き継がれません。

  • アプリコード
  • APIトークン
  • 利用しているプラグインに適用している設定
    ただし、有効/無効の状態は引き継がれます。
  • アプリ管理者用メモ
    ただし、アプリ管理者用メモの編集画面で「アプリテンプレートやアプリの再利用時にこのメモの内容を含める」にチェックが入っている場合は、引き継がれます。
    詳細は、アプリ管理者用メモを設定するのページで説明しています。
  • アプリのレコードのデータ
    再利用して作成したアプリのレコードは空の状態になります。
    アプリのレコードを引き継ぎたい場合は、再利用元のアプリからファイルにデータを書き出して、新しく作成したアプリに読み込みを行ってください。
    詳しい手順については、ファイルにデータを書き出す[レコードの一括登録/更新]ファイルを読み込むを参照してください。

手順

  1. kintoneのトップページで「アプリ」の右横にある追加ボタン アプリを作成する をクリックします。 ポータル

  2. [ほかのアプリを再利用]をクリックします。 ほかのアプリを再利用

  3. 再利用するアプリの[アプリを再利用]をクリックします。 アプリを再利用

  4. アプリがコピーされ、コピーされたアプリの設定画面に移動します。
    フォーム設定の修正が行えます。 アプリ設定画面

  5. [アプリを公開]をクリックします。 アプリを公開ボタン

  6. [OK]をクリックします。 画面:アプリの運用を開始します。よろしいですか?

再利用したアプリが作成されました。 再利用したアプリ