ファイルからアプリを作る際のフィールドタイプの判定基準

フィールドのタイプは、読み込んだファイルの先頭100行のセルの値をもとに自動選択されます。

初期値のフィールドタイプ

セルの値によって、フィールドタイプは次のように自動選択されます。
複数の条件にあてはまる場合は、表の上の行に記載されたタイプが選択されます。

先頭100行のセルの値 フィールドタイプ
すべてのセルの値が数値または空で、かつ数値のセルが1つ以上ある場合 数値
すべてのセルの値が日付*1または空で、かつ日付のセルが1つ以上ある場合 日付
すべてのセルの値が時刻*2または空で、かつ時刻のセルが1つ以上ある場合 時刻
すべてのセルの値が日時*3または空で、かつ日時のセルが1つ以上ある場合 日時
すべてのセルの値がリンクまたは空で、かつリンクのセルが1つ以上ある場合 リンク(Webサイト)
すべてのセルの値がメールアドレスまたは空で、かつメールアドレスのセルが1つ以上ある場合 リンク(E-mail)
次のすべての条件にあてはまる場合
  • 空のセルがない
  • すべての値が1行
  • すべての値が20文字以内
  • 値が3種類以下
ラジオボタン
次のすべての条件にあてはまる場合
  • すべての値が1行
  • すべての値が20文字以内
  • 値が20種類以下
ドロップダウン
すべてのセルの値が1行、かつ255文字以内の場合 文字列(1行)
上記のいずれにもあてはまらない場合 文字列(複数行)

*1:日付とは、次のいずれかの形式の値を指します。

  • YYYY-MM-DD(例: 2014-12-20)
  • YYYY/MM/DD(例: 2014/12/20)
  • YY/MM/DD(例: 14/12/20)
  • MM/DD/YYYY(例: 12/20/2014)
  • MM/DD/YY(例: 12/20/14)
  • DD/MM/YYYY(例: 20/12/2014)
  • DD/MM/YY(例: 20/12/14)


*2:時刻とは、次のいずれかの形式の値を指します。

  • HH:MM:SS(例: 23:20:30)
  • HH:MM(例: 23:20)
ファイルを読み込む際に、秒は除かれます。
次のような、AMやPMを含む形式の場合、AMやPMの指定が除かれます。
例: 11:20 PM


*3:日時とは、半角スペースを挟んで、日付と時刻を続けて記載した形式を指します。
例: 2014/12/20 23:20
ただし、秒を含むと、フィールドタイプが日時と推測されません。

選択できるフィールドタイプ

ファイルからアプリを作る際に、初期値で自動選択されたフィールドタイプは変更できます。
セルの値によって、変更できるフィールドタイプは異なります。

選択が可能と判定される条件 フィールドタイプ
すべてのセルの値が改行を含まない場合 文字列(1行)
リンク(電話番号)
すべてのセルの値が数値として扱える場合 数値
常に選択可能 文字列(複数行)
リッチエディター
ユーザー選択
グループ選択
組織選択*1
すべてのセルの値が128文字以内で改行を含まない場合 ラジオボタン
ドロップダウン
すべてのセルの値が日付として扱える場合 日付
すべてのセルの値が日時として扱える場合 日時
すべてのセルの値が時刻として扱える場合 時刻
すべてのセルの値がURLの場合 リンク(Webサイトのアドレス)
すべてのセルの値がメールアドレスの場合 リンク(メールアドレス)
すべてのセルの値が64文字以内の場合 カテゴリー*2

*1:ゲストスペース内アプリでは選択肢に表示されません。
*2:改行で区切って、複数の値を指定できます。

選択できないフィールドタイプ

次のフィールドタイプに変更することはできません。

  • ラベル
  • 計算
  • チェックボックス
  • 複数選択
  • 添付ファイル
  • 関連レコード一覧
  • ルックアップ
  • スペース
  • 罫線
  • グループ
  • テーブル
  • レコード番号
  • 作成者
  • 作成日時
  • 更新者
  • 更新日時