Excelファイルが1MB、1,000件、500列の制限を超える場合の対処方法

Excelファイルのデータが1MB、1,000件、500列の制限を超える場合、次の対処方法があります。

1MBを超える場合

主に3つの対処方法があります。

  • Excelファイルの容量を小さくする
    容量の大きいファイルから新しいファイルへデータをコピー&ペーストすることで、必要なデータのみになるため、ファイル容量が軽くなる場合があります。
    データが入力されている範囲だけを指定して新しいファイルにコピーするなどの方法をお試しください。
    また、セル内の関数や数式はkintoneに読み込めません。計算結果の値だけを読み込めます。データ量を小さくするために、ファイル内の関数や数式は別ファイルに「値」として貼り付けすることもご検討ください。

    そのほか、次の方法などもファイル容量を小さくするために有効です。

    • 利用していない行や列を削除する
    • 隠れたオブジェクトやコメントを一括で選択して削除する
    • 「ブックの共有」を設定している場合は解除する
  • 1シートだけ別のExcelファイルに保存する
    Excelファイルからアプリを作成する場合、読み込み可能なシートは1シートのみです。
    複数のシートが含まれているためにファイル容量が大きくなっている場合、1シートだけ別ファイルに保存してからアプリ作成をお試しください。

  • CSVファイルとして保存しなおす
    CSVファイルは100MBまでのデータを読み込んでアプリを作成できます。
    ExcelファイルをCSVファイル形式で保存しなおして、CSVファイルからアプリを作成してください。

1,000件を超える場合

主に2つの対処方法があります。

  • 1,000行までのデータでアプリ作成したあと、追加の行をファイル読み込みする
    1,001行以降のデータは、別シートやファイルにコピーしておきます。
    そのあとファイルのデータを1,000行以下に減らしてから、Excelファイルを読み込んでアプリを作成してください。
    別シートやファイルにコピーした残りのデータは、あとからファイル読み込みの機能でアプリにデータを追加登録できます。

  • CSVファイルとして保存しなおす
    CSVファイルは10万行までのデータを読み込んでアプリを作成できます。
    ExcelファイルをCSVファイル形式で保存しなおして、CSVファイルからアプリを作成してください。

500列を超える場合

不要な列を削除できる場合は、ファイルから列の削除を行い、500列に収まる状態にしてください。
セル内の関数や数式はkintoneに読み込めません。計算結果の値だけを読み込めます。そのため、関数や数式の入力された列は削除することもご検討ください。