Excelファイルからアプリを作成する

Excelファイルを読み込んで、アプリを作成できます。アプリの作成と同時に、ファイル内のデータも取り込めます。業務で利用しているExcelファイルから、アプリを作ってみましょう。

CSVファイルからデータを読み込む場合は、CSVファイルからアプリを作成するを参照してください。 すでに作成しているアプリにExcelのデータを読み込む場合は、[レコードの一括登録/更新] ファイルを読み込むを参照してください。

Excelファイルからアプリを作成する流れ

STEP1.業務で利用しているExcelファイルやそのコピーファイルを手元に用意します。
矢印
STEP2.kintoneで読み込めるようにExcelファイルを整形し、保存します。
矢印
STEP3.ウィザードに従って、ファイルを読み込みます。

Excelファイルからアプリを作成する手順

  1. kintoneで読み込めるように、Excelファイルを整形します。
    整形したファイルは、パソコンに保存してください。 サンプルファイル

  2. kintoneのトップページのアプリの欄で[+] アイコンをクリックします。 トップページの画面

  3. [Excelを読み込んで作成]をクリックします。 アプリストアの画面

  4. [作成を開始する]をクリックします。 作成を開始する画面

  5. チェック項目を確認してチェックしたあと、[アップロードへ進む]をクリックします。 作成を開始する画面

  6. [参照]をクリックし、読み込むファイルを選択します。 ファイルを読み込む画面

  7. 「データ範囲(Excel内)の指定」ダイアログが表示されたら、kintoneに読み込むデータの範囲を指定します。
    読み込むデータの範囲を自動判定できた場合は、「データ範囲(Excel内)の指定」ダイアログは表示されません。 読み込むデータ範囲の指定

  8. プレビュー表示の先頭行に、項目名(フィールド名)が表示されていることを確認します。
    読み込み範囲の1行目に結合されたセルや空白のセルがある場合、フィールド名が変わります。
    例)空白のセルがあった場合:フィールド_B*
      「住所」という結合セルがあった場合:住所(2)*
    読み込むデータを変更したい場合は、[データ範囲を変更する]をクリックして、指定し直してください。 プレビューを確認する

  9. 自動選択されたフィールドタイプに問題がないか、確認します。
    フィールドタイプには、Excelファイルの先頭100行のデータをもとに、おすすめのものが自動的に設定されています。基本的に変更する必要はありません。
    Excelの項目を読み込む必要がない場合は、フィールドタイプで「(この列を無視する)」を選択します。 フィールドタイプを確認する

  10. 画面右下の[作成]をクリックします。
    [作成]をクリックしてエラーが表示された場合は、Excel/CSVファイルからアプリの作成に失敗した場合を確認してください。 作成をクリックする

  11. 読み込みが完了したら、作成されたアプリを確認します。
    ポータルに表示されたアプリ名をクリックすると、レコード一覧画面が表示されます。
    アプリ名やアイコンは、アプリの設定画面から変更できます。
    アプリ名とアプリアイコンを変更する
    アプリの設定画面を開いて、「フォーム」画面でフィールドの位置を変更することもできます。
    フォームを設定する 作成されたアプリを確認する

エラーが表示されたときは

手順の中に記載した対処方法で解決できない場合は、Excel/CSVファイルからアプリの作成に失敗した場合を確認してください。

Q&A

  • セルの表示形式や条件付き書式の設定は読み込めますか?
    ファイルの読み込みはできます。Excelの表示形式や条件付き書式はkintoneのアプリに引き継がれません。
  • セルに計算式を設定している場合、計算式と計算結果は読み込めますか?
    計算結果の値だけを読み込めます。
  • ファイルを読み込んでテーブルを含むアプリを作成することはできますか?
    できません。
    FAQ:テーブル内のフィールドを CSVファイルに書き出し/読み込みできますか?