CSVファイルからアプリを作成する

CSVファイルを読み込んで、新規でアプリを作成できます。アプリの作成と同時に、ファイル内のデータも取り込めます。

Excelファイルからデータを読み込む場合は、Excelファイルからアプリを作成するを参照してください。 すでに作成しているアプリにCSVファイルのデータを読み込む場合は、[レコードの一括登録/更新] ファイルを読み込むを参照してください。

CSVファイルからアプリを作成する流れ

STEP1.CSVファイルやそのコピーファイルを手元に用意します。
矢印
STEP2.kintoneで読み込めるようにCSVファイルを整形し、保存します。
矢印
STEP3.ウィザードに従って、ファイルを読み込みます。

CSVファイルからアプリを作成する手順

  1. kintoneで読み込めるように、CSVファイルを整形します。整形したファイルは、パソコンに保存してください。

  2. kintoneのトップページのアプリの欄で[+] アイコンをクリックします。
    トップページの画面

  3. [CSVを読み込んで作成]をクリックします。 画面

  4. [作成を開始する]をクリックします。 画面

  5. チェック項目を確認してチェックしたあと、[アップロードへ進む]をクリックします。 画面

  6. [参照]をクリックし、読み込むファイルを選択します。 画面

  7. 読み込んだファイルの内容が「ファイルの内容」に正しく表示されていることを確認します。
    文字が化けている場合、「文字コード」を変更します。
    列が正しく区切られていない場合、「区切り文字」を変更します。 画面

  8. 自動選択されたフィールドタイプに問題がないか、確認します。
    フィールドタイプは、CSVファイルの内容をもとにおすすめのものが自動的に選択されています。基本的に変更は必要ありません。
    アプリに読み込まないCSVファイルの項目は「(この列を無視する)」を選択します。
    画面

  9. 画面右下の[作成]をクリックします。 画面

  10. 完了したアプリを確認します。
    画面 アプリ名やアイコンは、アプリの設定画面から変更できます。
    アプリ名とアプリアイコンを変更する
    アプリの設定画面を開いて、「フォーム」画面でフィールドの位置を変更することもできます。
    フォームを設定する
    読み込みに失敗した場合、Excel/CSVファイルからアプリの作成に失敗した場合を確認してください。