Webhookを設定する

記事番号:040600

kintoneでWebhookを利用すると、kintoneのアプリで特定の操作が行われた際に、その内容を指定した外部サービスに送信することができます。
たとえば、レコードが追加されたときにその内容をチャットサービスに投稿する、といった連携を、プログラムを書くことなく設定することが可能です。
Webhookは、kintoneスタンダードコースでのみ利用できます。

Webhookの仕組み

Webhookの連携先として、多数のサービスとの連携を支援してくれるツールを指定すると、それらが対応しているさまざまなサービスとkintoneを連携することができます。
連携を支援してくれるツールとしては、Zapier、Microsoft Power Automate、IFTTTなどがあります。

イラスト:Webhookの仕組み

Webhookの設定を行うと、kintoneのアプリで以下の操作が行われた際に通知が送信されます。

  • レコードの追加
  • レコードの編集
  • レコードの削除
  • コメントの書き込み
  • ステータスの更新(プロセス管理のステータスが更新されたとき)

kintoneで操作を行ったときの通知のパラメーターについては、kintoneの操作で送信されるWebhookの通知内容を参照してください。

Webhookの設定の流れ

Webhookは次の流れで設定します。

  • 連携支援ツール(Zapierなど)でトリガーを設定する
  • kintoneでWebhookを設定する
  • 連携支援ツールでアクションの設定をする

設定例

ここではZapierを使って、「kintoneにレコードが追加されたらGmailに通知する」設定例を説明します。

事前準備

Webhookの連携設定を行う前に、次の準備を行ってください。

  • Gmailアカウントの作成
  • kintoneのアプリを作成

準備ができたら、次の設定を行います。

Zapierでトリガーを設定する

  1. ZapierのWebサイトにアクセスし、サインアップします。
    Zapierのアカウントがない場合は、新規作成するか、またはGoogleアカウントなどでサインアップしてください。

  2. ZapierのWebサイトにある[Create Zap]をクリックします。

  3. トリガー選択画面で、検索ボックスに「Webhook」と入力し、「Webhooks by Zapier」をクリックします。 Zapier設定画面

  4. 「Event」で「Catch Hook」を選択し、[Continue]をクリックします。 Zapier設定画面

  5. 次に表示される画面も、そのまま[Continue]をクリックします。 Zapier設定画面

  6. Webhook URL が生成されるので、[Copy]をクリックします。
    テキストエディターなどに、URLをペーストしておいてください。 Zapier設定画面

次にkintoneでWebhookを設定します。ZapierのWebページはそのまま開いておいてください。

kintoneでWebhookを設定する

  1. kintoneでWebhookの設定画面を開きます。
    レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「設定」タブの「カスタマイズ/サービス連携」にある[Webhook]を選択します。
    アプリ設定ボタン

  2. [追加する]をクリックします。

  3. 設定するWebhookの説明を入力します。
    入力した説明はWebhookの設定の一覧画面に表示されます。64文字まで入力できます。

  4. Webhook URLに、Zapierでトリガーを設定するの手順6でコピーしたURLをペーストします。
    ペーストしたURLの先頭にある「https://」は不要なため、削除してください。
    URL欄には最大1,024文字まで入力できます。 Webhookの設定の一覧画面

  5. 通知を送信する条件では、Webhookの通知を送信する操作を指定します。
    ここでは、「レコードの追加」にチェックを付けます。 Webhookの設定の一覧画面

  6. 「このWebhookを有効にする」にチェックを付けます。
    初期設定ではチェックが付いています。

  7. 画面右下の[保存]をクリックします。

  8. 画面上部に表示されるメッセージの[アプリの設定]をクリックするか、画面左下の[アプリの設定に戻る]をクリックします。

  9. 画面右上の[アプリを更新]をクリックします。

  10. 確認ダイアログで[アプリを更新]をクリックします。

  11. Zapierで設定したトリガーのテストを行うため、kintoneのアプリに新規でレコード追加します。

  12. ZapierのWebサイトに戻り、[Test trigger]をクリックします。
    ZapierのWebサイト

  13. テストが成功したことを確認して、[Continue]をクリックします。
    テストが成功しない場合は、何度か[Test trigger]を試してください。
    それでも失敗する場合、Webhook URLにコピー&ペーストしたURLに誤りがないかなど、確認してください。

Zapierでアクションの設定をする

  1. Zapierのアクションの設定が表示されるので、Gmailを選択します。 Zapier設定画面

  2. アクションイベントで「Send Email」を選択し、[Continue]をクリックします。
    Zapier設定画面

  3. Gmailアカウントを選択し、[Continue]をクリックします。
    Gmailにログインしていない場合は、Gmailへのログイン許可を確認する画面が表示されます。 Zapier設定画面

  4. Gmailに通知される内容を設定します。
    「To」に受信するGmailアドレスを入力し、Subject、Bodyなど必要な内容を設定したあと[Continue]をクリックします。
    Zapier設定画面

  5. 設定内容を確認し、[Test & continue]をクリックします。

  6. [Publish Zap]をクリックします。

  7. 宛先のGmailにメールが届いたことを確認し、[Publish & Turn On]をクリックします。

設定したZapが有効になりました。

kintoneのWebhookの設定を変更する

kintoneのWebhookの設定内容をあとから変更することができます。手順は次のとおりです。

  1. 設定を変更したいWebhookの編集ボタン 編集ボタン をクリックします。
    Webhookの設定変更

  2. 設定内容を編集し、[保存]をクリックします。

  3. 画面上部に表示されるメッセージの[アプリの設定]をクリックするか、画面左下の[アプリの設定に戻る]をクリックします。

  4. 画面右上の[アプリを更新]をクリックします。

  5. 確認ダイアログで[アプリを更新]をクリックします。