ユーザーがアプリでできる操作

kintoneでは、アプリごと、レコードごと、フィールドごとの3つのレベルでアクセス権を設定できます。
アクセス権に応じてユーザーが操作できる機能の詳細は、次のとおりです。

アプリの操作

基本的に、アプリ作成権限はkintoneシステム管理、そのほかの操作権限は各アプリ設定画面で管理されています。

操作 操作ができるユーザー 備考
作成 アプリの作成
(下記以外)
アプリの作成時に選択できるアプリグループは次のとおり ※スペース内アプリのアプリグループは「public」固定のため、「public」アプリグループの「アプリの作成」が許可されていない場合、スペース内アプリは作成できません。
アプリの再利用でアプリを作成 (同上) (同上)
※再利用できるのは、管理権限を持つアプリだけです。
テンプレートを読み込んでアプリを作成
ポータルへのアプリ表示 全ユーザー 次の2つを満たすアプリを表示可能
ファイル読み込み アプリのアクセス権で「ファイル読み込み」権限および「レコード追加」権限があるユーザー
ファイル書き出し アプリのアクセス権で「ファイル書き出し」権限および「レコード閲覧」権限があるユーザー
一覧の絞り込み 全ユーザー
データの集計 (同上)
アプリの削除
  • アプリ管理者
  • cybozu.com共通管理者
-
設定の変更
  • アプリ管理者
  • cybozu.com共通管理者
カスタマイズ形式の一覧の作成、編集
  • アプリ管理者かつkintoneシステム管理者
  • cybozu.com共通管理者
JavaScript / CSSでカスタマイズ (同上)
APIトークンの生成または確認
  • アプリ管理者
  • cybozu.com共通管理者
組織間のアクセス権の設定を有効にした場合は、次のいずれか
  • アプリ管理者かつkintoneシステム管理者
  • cybozu.com共通管理者
アプリグループの変更
  • アプリ管理者
  • cybozu.com共通管理者
選択できるアプリグループは次のとおり ※ スペース内アプリのアプリグループは「public」固定のため、アプリグループの変更はできません。

レコードの操作

操作 操作ができるユーザー
閲覧編集削除 アプリのアクセス権で「レコード閲覧」/「レコード編集」/「レコード削除」権限があるユーザー
レコードのアクセス権が設定されている場合、「閲覧」/「編集」/「削除」権限があるユーザー
追加 アプリのアクセス権で「レコード追加」権限があるユーザー
一括削除 初期設定では不可
「高度な設定」でレコード一括削除を有効にした場合、アプリ管理者かつアプリのアクセス権で「レコード削除」権限があるユーザー
コメントの書き込み、表示 レコードを閲覧可能なユーザー
変更履歴の表示 (同上)
変更履歴で前の状態に戻す レコードを編集可能なユーザー

フィールドの操作

操作 操作ができるユーザー
閲覧 レコードを閲覧できるユーザー
フィールドのアクセス権が設定されている場合、「閲覧」権限があるユーザー
編集 レコードを追加または編集できるユーザー
フィールドのアクセス権が設定されている場合、「編集」権限があるユーザー