プロセス管理でできること

複数のユーザーでレコードの編集や確認をするためのプロセスを設定できます。
申請の承認や稟議の決済をアプリで管理して、ワークフローのように使うことも可能です。
作業タスク管理やクレーム処理など複数のユーザーで作業するタスクも管理できます。

プロセス管理とは

プロセス管理を設定すると、どの状態(ステータス)で、誰(作業者)が、何をする(アクション)かがアプリに追加されます。

  • ステータス
    プロセス管理を設定すると、各レコードのステータスが表示されるようになります。
    画像

  • 作業者
    ステータスごとに、レコードの編集や確認を行ってステータスを変更するユーザーが、作業者として指定されます。
    kintoneのポータル(トップページ)には、自分が作業者に指定されているレコードの件数が、アプリごとに表示されます。
    画像 表示されたアプリをクリックすると、自分が作業者に指定されているレコードの一覧が表示されます。
    画像

  • アクション
    アクションを実行すると、次のステータスに移ります。
    自分が作業者に指定されているレコードには、アクションのボタンが表示されます。
    ボタンをクリックし、次のステータスと作業者を確認して[実行]をクリックすると、レコードのステータスが変更されます。
    画像

レコードの登録から完了までの例

プロセス管理が設定されている物品購入申請アプリを例に説明します。

レコードを保存すると最初のステータスが表示され、次のステータスに進めるためのボタン(アクション)が表示されます。 アクション表示 アクションを実行します。
ボタンをクリックすると、次のステータスと作業者が表示されます。[実行]をクリックすると、ステータスと作業者が変更されます。 アクション実行 ステータスが変更されて自分が作業者でなくなると、アクションのボタンが表示されなくなります。

プロセス管理の作業者になったユーザーには、「自分宛」の通知が届きます。
通知をクリックすると、レコードの詳細が表示されます。 通知 kintoneのトップページには、自分が作業者に指定されているレコードの件数が、アプリごとに表示されます。
未処理のアプリをクリックすると、対応が必要なレコードの一覧が表示されます。 未処理 次の作業者がアクションを実行します。
処理 完了のステータスに到達します。
完了