申請ワークフローの設定例

アプリにプロセス管理を設定して、さまざまなワークフローを実現できます。
申請のワークフローでよくある設定例を紹介します。

差し戻しや却下のある申請

差し戻しや却下を含む申請の例です。

業務の流れ: 差し戻しや却下を含む申請業務の流れ

ステータスとプロセスの一覧表:

  • ステータス
    申請前、申請中、差し戻し、却下、承認済
  • プロセスの一覧表
    ステータス 作業者 条件 アクション 次のステータス
    申請前 作成者 申請する 申請中
    申請中 承認者 承認する 承認済
    差し戻す 差し戻し
    却下する 却下
    差し戻し 作成者 再申請する 申請中
    承認者はフォームに配置したユーザー選択フィールドとします。

プロセス管理の設定: 差し戻しや却下のあるプロセス管理

承認者が複数の申請

申請に対して、複数人いる部長の誰か、または全員が承認する場合の例です。

承認者が複数人の部長の場合、どのように承認するかを次の3つから選択します。

  • 申請時に部長の1人を選択し、その部長が承認する
  • 部長全員が承認が必要
  • 部長のうち誰か1人の承認が必要

業務の流れ:
承認者が複数の申請業務

複数人いる部長がグループ(ロール)として登録されている場合の設定手順:

  1. 作業者に部長を選択します。
    cybozu.com共通管理で部長のグループ(ロール)を登録すると、プロセス管理の作業者に部長グループを選択できます。詳しくはグループ(ロール)の設定を参照してください。
    作業者に部長を選択
  2. どのように承認するかを設定します。
    作業者が複数の場合、どのように承認するかを次の中から選択します。
    作業者が複数の場合
    • 申請時に部長の1人を選択する(次のユーザーから作業者を選択)
      ユーザーから作業者を選択 前のステータスでアクションを実行する際に、ユーザーの1人を作業者として選びます。 ユーザーから作業者を選択
    • 部長全員の承認が必要(次のユーザー全員)
      次のユーザー全員 全員が作業者になり、全員がアクションを実行したときに次のステータスに進みます。
      次のユーザー全員
    • 部長のうち誰か1人の承認が必要(次のユーザーのうち1人)
      次のユーザーのうち1人 全員が作業者になり、誰か1人がアクションを実行したときに次のステータスに進みます。
      次のユーザーのうち1人

条件分岐のある申請

条件分岐を含む申請の例です。

業務の流れ:
条件分岐のある申請業務

ステータスとプロセスの一覧表:

  • ステータス
    申請前、部長承認待ち、課長承認待ち、承認済
  • プロセスの一覧表
    ステータス 作業者 条件 アクション 次のステータス
    申請前 作成者 費用が100万円以上 申請する 部長承認待ち
    費用が100万円未満 申請する 課長承認待ち
    部長承認待ち 部長 承認する 承認済
    差し戻す 申請前
    課長承認待ち 課長 承認する 承認済
    差し戻す 申請前

アクションの実行条件の設定: 条件分岐のあるプロセス管理