プロセス管理の設定

複数のユーザーでレコードの編集や確認をするためのプロセス(ワークフロー)を設定する機能です。
承認経路などの業務プロセスをアプリに追加できます。

業務プロセスの例

業務プロセスの例

「申請の承認や稟議の決済を管理する」アプリ(稟議書、交通費申請、休暇申請など)や、「複数のユーザーで作業するタスクを管理する」アプリ(作業タスク管理、クレーム処理など)でよく使われます。
ボタンをクリックするだけで、確認や承認をしたり、次の担当者にフローを回したりできます。

担当者に知らせる機能

自分が対応する申請や作業タスクが登録されると、kintoneに通知が届きます。
通知をメールで受け取ることも可能です。詳しくは、メール通知を設定するのページを参照してください。

kintoneのポータル(トップページ)に「未処理」のレコード数がアプリごとに表示されます。
対応すべきタスクをいつでも確認できるので、対応漏れを防ぐことができます。
ポータルの未処理アプリ

「未処理」のアプリをクリックすると、対応が必要なレコードの一覧が表示されます。 (作業者が自分)のレコード一覧