[アプリの条件通知]アプリへの操作を条件にした通知を設定する

記事番号:040561

レコードの追加や編集、プロセス管理のステータスの更新など、アプリが操作されたことを通知できます。
たとえば、「総務への依頼受付アプリ」に、いずれかの操作が行われたときに、必ず「総務部」メンバーに通知が届くように設定する、といった設定が可能です。
通知先ごとに、通知する操作の条件を指定できます。

設定手順

アプリの条件通知の設定方法を説明します。

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「設定」タブの「通知」の[アプリの条件通知]を選択します。
    設定ボタン

  2. 「ユーザー/組織/グループを追加」から通知先のユーザーや組織を追加するか、「フォームのフィールドを追加」をクリックして通知先に指定したいフィールドを選択します。
    通知先の設定 「フォームのフィールドを追加」では、以下のフィールドを選択できます。

    • 作成者
    • 更新者
    • 作業者*1
    • ユーザー選択フィールド*2
    • 組織選択フィールド*2
    • グループ選択フィールド*2

    *1 プロセス管理が有効な場合のみ、選択できます。
    *2 フィールドをフォームに配置している場合のみ、選択できます。

  3. 通知先で指定したユーザーに通知を送信するための条件を指定します。 条件の指定 レコード追加、レコード編集、コメント書き込み、プロセス管理のステータスの更新、ファイル読み込みの中から、通知を送信したい操作にチェックをつけます。

  4. 画面左上の[保存]をクリックします。

  5. 画面右上の[アプリを更新]をクリックします。

受信する通知の違い

通知先として、ユーザーや組織を直接指定した場合と、「フォームのフィールドを追加」からフィールドを指定した場合とでは、受信する通知の種類が異なります。

  • 通知先にユーザーや組織を直接指定した場合 ユーザーを指定 「すべて」の通知として受信します。「自分宛」の通知アイコン 通知アイコン に未読件数は表示されません。 通常の通知

  • 通知先にフィールドを指定した場合 フィールドを指定 「自分宛」の通知として受信します。「自分宛」の通知は、アイコンに件数が表示されます。 「自分宛」の通知