TIPS:「フォームのフィールドを追加」から選択できる通知先

アプリの通知設定では、「フォームのフィールドを追加」で通知先に指定したいフィールドを選択できます。
ここでは、「フォームのフィールドを追加」から選択できるフィールドについて、詳細を説明します。

通知先に作成者、更新者、作業者を指定する

「フォームのフィールドを追加」から、レコードの作成者、更新者、作業者を指定して、通知先に指定することができます。

作成者、更新者、作業者とは、以下のユーザーを指します。

  • 作成者:レコードを作成したユーザー
  • 更新者:レコードを最後に更新したユーザー
  • 作業者:プロセス管理が有効になっているアプリで、現在のステータスの作業担当になっているユーザー

例:作業者にリマインダーの通知を設定する
「フォームのフィールドを追加」から作業者を選択します。

通知先にユーザー選択・組織選択・グループ選択フィールドを指定する

アプリのフォームに配置したユーザー選択フィールド・組織選択フィールド・グループ選択フィールドを指定して、レコードごとに選択されたユーザーや組織などに対して通知することができます。
フォームに配置していない場合は、選択肢に表示されません。
組織選択フィールドを指定した場合は、設定画面に「下位組織を含む」のチェックボックスが表示されます。

例:アプリの条件通知で、対応担当者(ユーザー選択フィールド)に設定されたユーザーへ通知するように設定
「フォームのフィールドを追加」から対応担当者(ユーザー選択フィールド)を選択します。