言語ごとの名称を設定する

アプリの説明やフィールド名などを、日本語、英語、中国語(簡体字)の言語ごとに設定できます。
言語ごとの名称を設定しておくと、ユーザーの表示言語設定に応じて、自動的に表示を切り替えることができます。
たとえば、英語と日本語のアプリ名を登録しておくと、画面を英語で表示しているユーザーには英語で、日本語で表示しているユーザーには日本語で、アプリ名が表示されます。

言語ごとの名称を設定するには、そのアプリの管理権限が必要です。

言語ごとの名称を設定できる項目

アプリ設定の項目

以下の項目について、言語ごとの名称を設定できます。

  • アプリ名
  • アプリの説明
  • レコード一覧名
  • プロセス管理のステータスとアクション名
  • グラフ名
  • カテゴリー名
  • アプリアクションのアクション名

フォーム

以下のフィールドについて、言語ごとの名称を設定できます。

  • レコード番号
  • 更新者
  • 作成者
  • 更新日時
  • 作成日時
  • ステータス
  • 作業者
  • カテゴリー
  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター
  • 数値
  • 計算
  • ラジオボタン
  • チェックボックス
  • 複数選択
  • ドロップダウン
  • 日付
  • 時刻
  • 日時
  • 添付ファイル
  • リンク
  • ユーザー選択
  • 組織選択
  • グループ選択
  • ルックアップ
  • 関連レコード一覧
  • テーブル
  • テーブル内のフィールド
  • グループ内のフィールド

設定手順

言語ごとの名称を設定する手順を説明します。

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「設定」タブを選択した後、「その他の設定」の[言語ごとの名称]を選択します。
  2. タブごとに、それぞれの言語での名称を入力します。
    画像 名称を設定していない言語がある場合、その言語で画面を表示しているユーザーには、「デフォルト」の名称が表示されます。
  3. 画面左上の[保存]をクリックして、画面右上の[アプリを更新]をクリックします。