関連レコード一覧を設定する

関連レコード一覧を表示するには、関連レコード一覧フィールドを配置し、以下を設定します。

  • 参照したいアプリ(別のアプリだけでなく、同じアプリも指定できます)
  • 紐づけたいフィールド(参照先アプリ内で、このフィールドの値が一致するレコードが、関連レコード一覧に表示されます)
  • 関連レコード一覧に表示したいフィールド

ここでは例として、顧客管理アプリの関連レコード一覧に、案件管理アプリの情報を一覧表示する設定手順を紹介します。両方のアプリの「顧客名」を紐づけ、顧客名が一致した案件情報(「案件名」や「受注予定日」など)を関連レコード一覧に表示します。 画像

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「フォーム」タブを選択します。

  2. フォームに「関連レコード一覧」フィールドを配置します。

  3. 手順2で配置した関連レコード一覧フィールドの設定ボタン 設定ボタン にカーソルを乗せ、[設定]をクリックします。

  4. フィールド名を入力します。
    ここでは、「案件一覧」というフィールド名にします。 画像

  5. 「参照するアプリ」で、参照したいアプリを選択します。
    ここでは、案件管理アプリを選択します。 画像

  6. 「表示するレコードの条件」で、現在のアプリと、参照先のアプリのフィールドをそれぞれ選択します。
    このフィールドの値が一致するレコードが、関連レコード一覧に表示されます。
    ここでは顧客名が一致する案件情報を引っ張ってきたいので、[顧客名](このアプリ)=[顧客名](参照先のアプリ)を選択します。 画像 指定できるフィールドの詳細は、関連レコード一覧の設定項目「表示するレコードの条件」に指定できるフィールド を参照してください。

  7. さらに条件を追加したい場合は、「さらに絞り込む条件」で指定します。
    今回は「すべてのレコード」のままにしておきます。

  8. 「表示するフィールド」で、関連レコード一覧に表示したいフィールドを選択します。
    ここでは、 [案件名]、[確度]、[受注予定日]、[合計費用]、[商談担当者]を選択します。 画像

  9. 「レコードのソート」でレコードの並び順、「一度に表示する最大レコード数」で一度に表示する最大レコード数を選択します。

  10. 必要に応じて「フィールドコード」を設定します。

  11. [保存]をクリックします。

  12. 画面左上の[フォームを保存]をクリックしてフォームを保存します。