ユーザー選択

ユーザー選択フィールド kintoneの利用ユーザーを選択するフィールドです。
複数のユーザーを選択できます。

使用例

  • 案件管理や問合せ管理といった担当者を登録するアプリや、承認者を登録する交通費申請アプリなど、さまざまなアプリにユーザー選択フィールドは利用できます。
    案件管理アプリの例
  • ユーザーを選択するには、ログイン名や表示名を入力して下部に表示されるユーザーを選択するか、右側の、組織やグループから選択するアイコン 組織やグループから選択アイコン をクリックして、組織やグループからユーザーを選択します。 ユーザーを選択
  • 入力されたユーザー名をクリックすると、ユーザーのプロフィールが表示されます。
  • ユーザー選択フィールドに担当者や承認者を登録することで、以下のような機能を実現できます。
    • 案件を担当者で絞り込んで一覧表示できます。絞り込みの条件やソートに指定できます。
      参考:表示するレコードを絞り込む
    • 案件数を担当者ごとに集計できます。集計の項目や条件に指定できます。
      参考:集計する
    • 問い合わせの回答期限が迫ったら担当者に通知できます。通知先に指定できます。
      参考:通知機能でできること
    • 交通費申請の承認者が誰かを登録できます。プロセス管理の作業者に指定できます。
      参考:プロセス管理機能でできること
    • 申請者と承認者だけにレコードが表示されるようにできます。レコードやフィールドのアクセス権に指定できます。
      参考:アクセス権の設定

ユーザー選択フィールドの設定項目

ユーザー選択フィールド
  • フィールド名
    入力項目に対する見出しを指定します。
  • フィールド名を表示しない
    レコードの詳細画面でのフィールド名の表示を隠します。
  • 必須項目にする
    値の指定を必須にします。
  • 選択肢を指定する
    ユーザーの選択肢を設定します。
    • 選択肢を指定しない場合、すべてのユーザーが選択対象になります。
    • 選択肢を指定すると、指定した組織やグループに含まれるユーザーおよび指定したユーザーが一覧で表示され、クリックして選択できます。 選択肢を指定
  • 初期値
    初期値を指定します。
  • フィールドコード
    フィールドを識別する文字列で、APIで使用します。フィールドコードは自動で設定されますが、任意の値に変更することもできます。詳細はフィールドコードとはのページで説明しています。