文字列(1行)

文字列1行パーツ 文字列(1行)は自由入力欄をフォームに配置する際に利用します。
計算式を設定することができ、ほかのフィールドの文字を結合した結果などを表示できます。
文字列(1行)では改行はできません。改行して入力したい場合は文字列(複数行)を利用してください。

使用例

  • フォームの自由入力欄に利用できます。 文字列1行パーツの使用例

  • 計算式を設定し、計算結果を表示できます。たとえば計算式に「姓&名」を指定すると、姓と名を結合できます。「姓& " " &名」のように間にスペースを入れて、下図のように姓名の間にスペースを入れることもできます。
    文字列1行パーツの使用例

文字列(1行)フィールドの設定項目

文字列1行の設定画面
  • フィールド名
    入力項目の見出しを指定します。
  • フィールド名を表示しない
    レコード詳細画面でフィールド名の表示を隠します。
  • 自動計算する
    ほかのフィールドの値を参照して計算した値を表示したい場合に有効にします。計算式を指定します。
    詳しくは自動計算を設定するを参照してください。
  • 必須項目にする
    値の入力を必須にしたい場合、有効にします。
  • 値の重複を禁止する
    複数のレコードで同じ値を入力できないようにします。
    重複の禁止を設定すると、フィールドに入力できる文字数が、全角または半角で64文字までに制限されます。
  • 文字数
    最小文字数と最大文字数のどちらか一方、または両方を指定できます。
  • 初期値
    入力項目の初期値を表示したい場合に入力します。
  • フィールドコード
    フィールドを識別する文字列で、自動計算機能やAPIで使用します。フィールドコードは自動で設定されますが、任意の値に変更することもできます。詳細はフィールドコードとはおよび自動計算を設定するで説明しています。
    「姓」や「名」など、フィールドの入力内容がわかりやすい名前にしたり、「a」や「b」など、計算式に指定しやすい名前にしたりするのがおすすめです。