数値

数値フィールドを配置すると、数値の入力欄を作成できます。
数値以外を入力することはできません。
文字列(1行)など、ほかのフィールドでも数値を入力することは可能です。ただし、数値フィールドに入力した値は数値として扱われるのに対して、ほかのフィールドに入力した値は文字列として扱われます。その場合、四則演算を利用した計算や、レコード一覧の絞り込みで「指定した値以上」「指定した値以下」などの条件でデータを絞り込むことはできません。
入力した値に対して四則演算などの計算をしたい場合や、レコード一覧でデータの絞り込みを行いたい場合には、数値フィールドの利用が適しています。

数値フィールドでは、値をカンマ区切りで表示することや、¥マークなど単位記号を設定することも可能です。

使用例

数量や金額を入力してもらう場合には、数値フィールドの利用が適しています。

  • 案件管理や見積書で「単価」「ユーザー数」を登録する
  • 入力された値を元に絞り込み機能で集計し、合計値や平均値を分析する
  • 入力された値を元に、グラフを作成する

案件管理アプリの例

数値フィールドの設定項目

数値フィールド

  • フィールド名
    • 入力項目に対する見出しを指定します。
  • フィールド名を表示しない
    • レコードの追加/編集/詳細/印刷用画面で、フィールド名を非表示にします。
  • 桁区切りを表示する
    • 入力された数値が3桁区切りで表示されるようにします。
      レコード入力時の数値には、桁区切りは表示されません。桁区切りのカンマ(,)は画面上の表示のみで、フィールド内の文字列ではありません。
  • 必須項目にする
    • 値の入力を必須にします。
  • 値の重複を禁止する
    • アプリ内の複数のレコードで同じ値を入力できないようにします。
  • 値の制限
    • 最小値と最大値のどちらか一方、または両方を、整数値で指定します。
  • 初期値
    • 入力項目の初期値を設定します。
  • 小数点以下の表示桁数
    • 指定した桁数で小数点以下を固定します。
      指定した桁数を超えた小数部は切り捨てて表示されます。
      レコードの数値自体は変更されないため、計算式で数値フィールドを指定している場合は実際の数字で計算されます。
      表示桁数に「2」を指定した場合の例
      実際の数値 表示される数値
      1 1.00
      1.007 1.00
  • 単位記号
    • フィールドの前または後ろに付ける、「¥」「メートル」などの単位記号を指定します。
      単位記号は、フォームのほかに、レコードの一覧画面や変更履歴にも表示されます。
  • フィールドコード
    • 計算式やAPIで、このフィールドを指定する際に利用する文字列です。