関連レコード一覧

条件を満たすレコードを一覧で表示します。
複数のアプリを連携して使うことができます。 関連レコード一覧フィールド 他のアプリのレコードを表示するだけではなく、同じアプリのレコードも表示できます。
詳しくは、関連レコード一覧とはのページを参照してください。

他のアプリのデータを参照して取得するには、ルックアップを利用します。
他のアプリにデータをコピーして、新しいレコードを登録するには、アクションを利用します。

顧客アプリに、顧客ごとの案件一覧や活動履歴をまとめて表示できます。
関連レコード一覧から、それぞれのレコード詳細を表示することもできます。 顧客管理アプリの例

関連レコード一覧を表示するための主な手順は、以下のとおりです。

  1. 関連レコード一覧フィールドをフォームに配置する
  2. 関連レコード一覧フィールドを設定する
    例:案件一覧
    案件管理アプリを参照
    会社名が等しいレコードを表示
    表示するフィールドは、案件担当者名、見込み時期、確度、製品名、単価、ユーザー数、小計

設定方法について、詳しくは関連レコード一覧を設定するのページを参照してください。

関連レコード一覧フィールド
  • フィールド名
    関連レコード一覧フィールドに対する見出しを指定します。
  • フィールド名を表示しない
    レコードの詳細画面でのフィールド名の表示を隠します。
  • 参照するアプリ
    どのアプリのレコードを表示するかを選択します。
    アプリ名を入力すると、一致するアプリが表示されます。
  • 表示するレコードの条件
    このアプリと、参照先のアプリから、1つずつフィールドを選択します。
    選択したフィールドの値が一致するレコードが表示されます。
  • さらに絞り込む条件
    「表示するレコードの条件」に加えて、表示するレコードを参照先のアプリのフィールドの値でさらに絞り込む場合に、条件を指定します。
  • 表示するフィールド
    参照先のアプリのフィールドを選択します。
    選択したフィールドの値が表示されます。 表示するフィールド
  • レコードのソート
    レコードの表示順を指定します。
  • 一度に表示する最大レコード数
    一度に表示する最大レコード数を選択します。
  • フィールドコード
    フィールドを識別する文字列で、APIで使用します。フィールドコードは自動で設定されますが、任意の値に変更することもできます。詳細はフィールドコードとはのページで説明しています。