ルックアップ

他のアプリのデータを参照して取得するフィールドです。
複数のアプリを連携して使うことができます。 ルックアップフィールド アプリを関連付けて、二重入力や入力ミスを防ぎ、効率的に入力できます。
詳しくは、ルックアップとはのページを参照してください。

他のアプリのデータを参照して、条件にあてはまるレコードを表示するには、関連レコード一覧を利用します。
他のアプリにデータをコピーして、新しいレコードを登録するには、アクションを利用します。

使用例

アプリで同じ情報を何度も入力する場合は、毎回入力するのではなく、別のアプリに登録して取得すると効率的です。
たとえば、案件管理アプリでルックアップフィールドを利用することにより、会社名を顧客管理アプリから選んで顧客情報を取得できます。

  • 取得をクリックすると、他のアプリからレコードを選択できます。 案件管理アプリの例
  • 文字を入力してから取得すると、絞り込まれて表示されます。 絞り込み
  • 該当するレコードが1件しかない場合は、直接入力されます。 途中まで文字を入力
  • レコード選択画面内の絞り込みボタンで、さらに絞り込む条件と、ソートを指定できます。
    1件のみ

ルックアップフィールドの設定方法

ルックアップでデータを取得できるようにするための主な手順は、以下のとおりです。

  1. 参照先のアプリにデータを登録する
    例:顧客管理アプリに顧客情報を登録する
  2. ルックアップフィールドをフォームに配置する
    例:会社名
  3. 同時に取得したいフィールドをフォームに配置する
    例:部署名、先方担当者
  4. ルックアップフィールドを設定する
    例:会社名

設定方法について、詳しくはルックアップを設定するのページを参照してください。

ルックアップフィールドの設定項目

ルックアップフィールド
  • フィールド名
    入力項目に対する見出しを指定します。
  • フィールド名を表示しない
    レコードの詳細画面でのフィールド名の表示を隠します。
  • 必須項目にする
    値の指定を必須にします。
  • 関連付けるアプリ
    データを取得する元のアプリを選択します。
    アプリ名を入力すると、一致するアプリが表示されます。
    一度選択した後にフォームを保存すると、この設定は変更できません。
  • コピー元のフィールド
    関連付けるアプリからコピーして取得するフィールドを選択します。
    コピー元のフィールドには、レコード番号、文字列(1行)、数値、計算、リンクのフィールドを指定できます。
    一度選択した後にフォームを保存すると、この設定は変更できません。
  • ほかのフィールドのコピー
    関連付けるアプリから、ほかのフィールドのデータをまとめて取得できます。このアプリのフィールドに、関連付けるアプリのコピーしたいフィールドを指定します。
    指定できるフィールドについて、詳しくは「ほかのフィールドのコピー」で指定できるフィールドのページを参照してください。
  • コピー元のレコードの選択時に表示するフィールド
    レコード選択画面に表示するフィールドを選択します。
    矢印アイコンをドラッグアンドドロップすると、フィールドの表示順を変更できます。
  • 絞り込みの初期設定
    選択画面のレコードを絞り込む条件を指定します。
  • ソートの初期設定
    選択画面のレコードの並び順を指定します。
  • フィールドコード
    フィールドを識別する文字列で、APIで使用します。フィールドコードは自動で設定されますが、任意の値に変更することもできます。詳細はフィールドコードとはのページで説明しています。