日付

日付パーツ 日付フィールドは、年/月/日を入力するフィールドです。
時間も合わせて入力したい場合は、日時フィールドを配置してください。

使用例

交通費申請や費用申請といった「利用日」を登録するアプリや、返答の「期限」を入力する問い合わせ管理のアプリ、「活動日」を登録する案件管理アプリなど、さまざまなアプリに日付フィールドは利用できます。
日付の入力欄をクリックするとカレンダーが表示されます。入力や編集をする際、ドロップダウンでカレンダーの年月が切り替えられます。また、キーボードで直接日付を入力できます。

カレンダーが表示される 入力後

日付フィールドの設定項目

日付フィールド
  • フィールド名
    入力項目に対する見出しを指定します。
  • 必須項目にする
    値の指定を必須にします。
  • 値の重複を禁止する
    アプリ内の複数のレコードで同じ日付を指定できないようにします。
  • 初期値
    入力項目の初期値を設定します。レコードの登録時に今日の日付を表示したい場合は「レコード登録時の日付を初期値にする」のチェックを選択します。チェックを外すと自由な日付を初期値に設定できます。チェックを外して空欄にすると初期値を空白にできます。
  • フィールドコード
    フィールドを識別する文字列で、APIで使用します。フィールドコードは自動で設定されますが、任意の値に変更することもできます。詳細はフィールドコードとはのページで説明しています。