[&演算子]文字列の結合

「&」演算子を利用すると、複数の文字列を結合できます。
文字列の結合には半角の「&」を使用し、「+」を利用することはできません。

「&」演算子で結合できるフィールド

「&」演算子を利用して文字列を結合する場合、次のフィールドタイプを結合対象として設定できます。

  • 文字列(1行)
  • 数値
  • 計算
  • ラジオボタン
  • ドロップダウン
  • 日付1
  • 時刻1
  • 日時1
  • ルックアップ2
  • レコード作成者
  • レコード更新者
  • レコード作成日時1
  • レコード更新日時1

1DATE_FORMAT関数を使用して計算式を指定します。
2:「コピー元のフィールド」がリンクフィールド、またはルックアップフィールド(「コピー元のフィールド」がリンクフィールド)の場合、計算式で参照できません。

設定手順

社員名簿アプリを例に、別々のフィールドに入力されている「姓」と「名」を1つのフィールドに結合する方法を説明します。

完成イメージ: 文字列結合の例

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「フォーム」タブを選択します。

  2. 画面左側のパーツ一覧から文字列(1行)フィールドを2つ配置します。

  3. フィールドの設定画面で、1つ目ではフィールド名とフィールドコードを両方とも「姓」、2つ目では両方とも「名」に変更します。

  4. 結合結果を表示する文字列(1行)フィールドを配置し、フィールド名とフィールドコードを両方とも「姓名」に変更します。

  5. 「姓名」フィールドの設定画面を開いて「自動計算する」にチェックを入れ、「姓&" "&名」と計算式を入力します。
    文字列の結合には半角の「&」を使います。任意の文字やスペース(空白)を追加するには半角の「" "」を使います。

  6. フィールドの設定画面の[保存]をクリックします。

  7. 画面左上の[フォームを保存]をクリックして、画面右上の[アプリを更新]をクリックします。

文字列の結合ができるようになりました。

「姓」と「名」を入力して、自動で「姓名」が表示されるか確認しましょう。

TIPS:未入力の項目がある場合

未入力のフィールドは、空文字列として結合されます。
たとえば住所フィールドに「都道府県&市区町村&丁目以下&建物名&" "&階」の計算式を設定している場合、「建物名」が空白でも、その他の文字列が結合されます。