[SUM関数]合計値の計算

SUM関数は数値を合計する関数です。
「+」演算子と同等のことができるほか、テーブル内にあるフィールドの値の和を計算できます。
たとえば、テーブル内にある「小計」フィールドを、合計値を表示したいフィールドにSUM(小計)と設定すると、合計金額を計算することができます。

SUM(数値1, 数値2, 数値3, ・・・)

「数値」には、「数値」フィールドのコード、値が数値になる計算式、または数値を指定します。

テーブルの合計を計算する

注文管理アプリを例に、テーブル内の小計の合計が「合計金額」に表示されるように設定します。

完成イメージ: 完成図

テーブル機能の詳細はフォームにテーブル(表)を追加するのページで説明しています。

アプリのフォームにテーブルを追加する

はじめに、アプリのフォームにテーブルを追加します。テーブルを追加済みの場合は、小計の合計を「合計金額」に表示するの設定に進んでください。

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「フォーム」タブを選択します。

  2. フォームにテーブルを配置し、テーブルに含めたいフィールドを1つずつドラッグアンドドロップで追加します。
    詳しくは、フォームにテーブル(表)を追加するのページを参照してください。

テーブルが作成されました。 テーブル

小計の合計を「合計金額」に表示する(SUM関数)

  1. 画面左側のパーツ一覧から計算フィールドを配置します。

  2. 計算フィールドの設定画面を開いて、フィールド名に[合計金額]と入力します。
    設定画面は開いたままにします。

  3. テーブル内の合計値を計算する「SUM関数」を入力します。
    ここでは「小計」フィールドの合計金額を計算するため、計算式に「SUM(小計)」と入力します。

  4. 合計金額がわかりやすくなるように、今回はカンマ区切り「数値(例:1,000)」を選択します。

  5. フィールドコードを「合計金額」に変更して[保存]をクリックします。

  6. 画面左上の[フォームを保存]をクリックして、画面右上の[アプリを更新]をクリックします。

テーブルの合計金額を表示する計算フィールドが完成しました! 計算フィールド完成

テーブル内の小計の合計が、合計金額フィールドに表示されるか確認しましょう。 小計の合計が表示

TIPS:未入力の項目がある場合

計算対象に未入力の項目があっても、「0」とみなされて小計が計算されます。また、合計金額にもその結果が反映されます。 小計の合計が表示

日時・日付・時刻・時間を計算する

計算フィールドでは、数値のほかに日時・日付・時刻・時間も計算できます。
たとえば問い合わせ管理アプリなどで、「終了 - 開始」の計算式を設定して、問い合わせ対応にかかった時間を自動で表示できます。 対応時間の計算

「対応時間合計」フィールドに「SUM(対応時間)」と計算式を設定して、顧客にかかった対応時間の合計を計算することもできます。 対応時間の合計の計算式 対応時間の合計