計算式の基本的な使いかた

kintoneでは計算式が利用できます。
計算式は、計算フィールドか文字列(1行)フィールドに配置します。計算式では、ほかのフィールドの値を使って計算することができます。
計算式を入力するときは、以下のように「フィールドコードを使用する」と覚えておきましょう。

1. 計算式で参照したいフィールドに、フィールドコードを設定しておく

2. 計算フィールドまたは文字列(1行)フィールドで、そのフィールドコードを含んだ計算式を指定する

単価×数量の計算結果を表示した例: 例 上記の例では、アプリのフォームに「単価」と「数量」という数値フィールドを設定して、フィールドコードも「単価」と「数量」に設定しておきます。そのうえで、計算フィールドに「単価*数量」という計算式を設定します。

設定手順

注文管理アプリを例に、計算式を設定する方法を説明します。
計算には、数値を入力する数値フィールドと、計算結果を表示する計算フィールドを利用します。

完成イメージ: 計算式完成の図

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「フォーム」タブを選択します。

  2. 画面左側のパーツ一覧から数値フィールドを2つ配置します。

  3. 数値フィールドの設定画面を開いて、フィールド名とフィールドコードを設定します。
    1つ目の数値フィールドでは、フィールド名とフィールドコードを両方とも「単価」、2つ目の数値フィールドでは両方とも「数量」に変更して、[保存]をクリックします。

  4. 計算フィールドを配置します。

  5. 計算フィールドの設定画面を開いて、フィールド名を「小計」と入力します。

  6. 計算式を設定します。ここでは単価と数量をかけ合わせるので、「単価*数量」と入力します。

  7. 計算フィールドの[保存]をクリックします。

  8. 画面左上の[フォームを保存]をクリックして、画面右上の[アプリを更新]をクリックします。

計算式の設定は完了です。
レコード詳細画面を開いて、単価と数量を入力すると、小計に計算結果が表示されることが確認できます。 数値を入力すると自動的に小計が表示