計算式で表示されるエラー

計算式のエラーには、計算式の設定時に表示されるエラーと、レコードの入力時に表示されるエラーがあります。

計算式の設定時に表示されるエラー

アプリの設定画面で計算式を入力・保存した時に表示されるエラーを説明します。

エラー 原因と対処
全角記号「XX」が入力されています。半角記号「XX」を入力するか、または入力した内容に誤りがないか確認してください。 計算式の設定画面で、半角にすべき記号を誤って全角で入力した際に表示されます。

たとえば、以下の計算式では全角の「”」が入力されているため、このエラーが表示されます。
例:IF=(オプション=”

一方、以下の場合はエラーは表示されません。
  • 計算式として正しい方法で全角記号が使用されているとき:
    例1:IF=(オプション="朝食(ビュッフェ)",1500,0)
  • 全角記号が使用されているが、その前に半角の「"」が入力されており、まだ半角の「"」で閉じられていないとき:
    例2:IF=(オプション="朝食(
※上の例1・例2の計算式では、「(ビュッフェ)」の丸かっこが全角で入力されています。
計算式に含まれるフィールドコードが存在しない、または形式が正しくありません。 存在しないフィールドコード、または計算に利用できないフィールドを計算式に含めていることが考えられます。
計算式に指定しているフィールドのフィールドコードがあってるかどうかを確認してください。
参考:計算式で参照できるフィールド
フィールドの参照が循環しています。 計算フィールドの計算式として計算フィールドを指定した場合などに表示されます。ほかにも、計算フィールドAから計算フィールドBへの参照と、計算フィールドBから計算フィールドAへの場合などに表示されます。
○○関数には××個の引数が必要です。 YEN/DATE_FORMAT/NOT/IF/CONTAINS 関数の引数の個数が不足している場合に表示されます。
○○関数には××個以上の引数が必要です。 AND/OR/SUM 関数の引数の個数が不足している場合に表示されます。
ROUND(またはROUNDUP/ROUNDDOWN)関数には1個または2個の引数が必要です。 ROUND/ROUNDUP/ROUNDDOWN 関数の引数の個数が不足している場合に表示されます。
○○関数は使用できません。 kintoneで利用できない関数を記載した場合に表示されます。
○○関数に指定できる引数は、××個までです。 計算フィールドおよび文字列1行フィールドの計算式で、指定できる引数の数を超えた場合に表示されます。
計算式の文法が正しくありません。 計算式を解釈できない場合に表示されます。具体的には、次のようなケースがあります。
  • 括弧の対応がとれていない
  • 演算子が正しくない箇所にある
  • 「"」で囲まれた文字列の途中で改行している
  • 数値の途中で改行している
配列型の値に対して適切な関数が利用されていません。配列型の値やその利用方法についてはヘルプを確認してください。 計算式でチェックボックスフィールド/複数選択フィールドを参照している場合や、テーブル外からテーブル内のフィールドを参照している場合に表示されます。
どちらの場合も、計算式で参照しているフィールドは「配列型のフィールド」です。

チェックボックスフィールド/複数選択フィールドを計算式から参照する場合や、テーブル外の計算式からテーブル内の文字列型のフィールド(文字列(1行)、ラジオボタン、ドロップダウン、コピー元が文字列のルックアップ)を参照する場合は、CONTAINS関数を利用する必要があります。
なお、テーブル内のチェックボックスフィールド/複数選択フィールドを、テーブル外の計算式から参照することはできません。

テーブル外からテーブル内の数値型のフィールド(計算フィールド、数値フィールド、コピー元が数値のルックアップ)を参照するには、SUM関数を利用する必要があります。

SUM関数やCONTAINS関数の使いかたについては、次のページで説明しています。
[CONTAINS関数]チェックボックス、複数選択の計算
[SUM、CONTAINS関数]テーブルの計算

レコード入力時に表示されるエラー

レコード入力時、計算式を設定したフィールドに表示されるエラーを説明します。

エラー 説明
#CONVERT! 値を変換できません。計算フィールドの計算結果が文字列になる場合に表示されます。計算フィールドの計算結果は、数字、日時、日付、時刻、時間のいずれかである必要があります。
計算結果が文字列になる場合は、文字列(1行)フィールドを利用してください。詳細は以下ページで説明しています。
計算フィールドの計算結果が文字列になる場合(#CONVERT!エラーの原因と対処)
#PRECISION! 計算結果が有効桁数を超えています。
有効桁数の設定については、次のページを参照してください。
数値の有効桁数と丸めかたを設定する
#VALUE! 計算する値の型や演算子が適切ではない場合に表示されます。
例1:数値と文字列を足す
例2:文字列結合に「+」演算子を利用する
たとえば、ドロップダウンフィールドに入力した数値は文字列として扱われ、数値として計算はできません。
参考:計算式で参照する値のデータ型
#ERROR!(DATE_FORMAT関数以外) 数値を0で割る、べき乗で指数が100を上回る、または-100を下回るなど、計算できない場合に表示されます。
#ERROR!(DATE_FORMAT関数の場合) 次のような場合に表示されます。
  • 2286年11月21日以降の日付を指定した
  • フィールドの値か、計算結果が2286年11月21日以降の日付になる
  • 計算式の中の文字数が64文字を超えた
  • 第3引数に無効なタイムゾーンを指定した
    例:DATE_FORMAT(日時, "YYYY/MM/DD a hh:mm", "invalid_timezone")

計算フィールドの計算結果が文字列になる(#CONVERT!エラーの原因と対処)

計算結果が文字列になる場合、計算フィールドに計算式を設定すると#CONVERT!エラーが表示されます。

この場合、文字列(1行)フィールドを使うことで、計算結果が表示されます。 文字列(1行)フィールドの「自動計算する」にチェックを入れて、計算式を入力します。

計算結果が「クリア」と文字列で表示されるようになりました。