アプリアクションを設定する

アプリのアクションを設定して、レコードのデータを他のアプリにコピーする方法を説明します。

  • アクションの完成イメージ アクションの完成画像

アプリアクションの設定手順

次の例に沿って説明します。

  • アプリ:
    顧客リスト、注文管理
  • アクションの実行例:
    顧客リストアプリから注文管理アプリにデータをコピーするアクションを作成。
    そのアクションを実行して、顧客情報を注文管理アプリに登録する。
  1. 顧客リストアプリのレコード一覧の右上にある設定メニュー 設定アイコン をクリックして、設定画面を開きます。
    アクション

  2. 「設定」タブをクリックします。

  3. 「その他の設定」の[アクション]をクリックします。 アクション

  4. [作成]をクリックします。 アクションの作成

  5. アクションを設定します。

    • アクション名
      今回はアクション名を「注文管理に登録」と入力します。
      アクション名は、レコードに表示されるボタンの名前になります。
    • コピー先
      データのコピー先のアプリを選択します。
      ここでは注文管理アプリを選択します。
    • フィールドの関連付け
      コピー元のアプリのフィールドと、コピー先のアプリのフィールドの組み合わせを指定します。
      ここでは「会社名」「担当者名」「メールアドレス」「TEL」を指定します。 アクションの設定

    • アクションの利用者
      アクションを利用するユーザー、組織、またはグループを選択します。ここでは[グループ]から[Everyone](全ユーザー)を追加します。 組織を選択

  6. [保存]をクリックします。 設定を保存する

  7. アプリの設定画面に戻ります。
    画面上部に「アクションが作成されました。」と表示されます。この中の[アプリの設定に戻る]をクリックして、アプリの設定画面に移動します。
    ぱんくずリストの「アプリの設定」をクリックしても、同様にアプリの設定画面に移動できます。 アプリの設定に戻る

  8. [アプリを更新]をクリックします。 アプリを更新

アクションの設定が完了しました!
レコード詳細に、[注文管理に登録]のアクションボタンが表示されています。 アクションの完成画像

アクションを使ってみる

アクションを使って、顧客リストアプリのレコードデータをコピーして、注文管理アプリにレコードを登録してみましょう。

レコード詳細画面でアクションボタン「注文管理に登録」をクリックします。
顧客リストアプリから必要な情報がコピーされ、注文管理アプリにレコードが登録されます。

アプリを更新