アプリアクションに設定できるフィールドの組み合わせ

アプリアクションに設定できるフィールドの組み合わせは、フィールドタイプによって決まっています。基本的に、コピー元とコピー先には同じタイプのフィールドを指定できます。また、1つのフィールドタイプから複数のフィールドタイプを指定できるものや、異なるフィールドタイプを指定できる組み合わせもあります。
詳細は以下の表を参照してください。 アクションのフィールドの組み合わせ

アプリアクションに設定できるフィールドの組み合わせ

コピー元のフィールド/データ コピー先に指定できるフィールド
レコードのURL
  • リンク
    リンクの「入力値の種類」が「Webサイトのアドレス」の場合
  • ルックアップ
    ルックアップのコピー元が「リンク」フィールドで、その「リンク」フィールドの「入力値の種類」が「Webサイトのアドレス」に設定されている場合
文字列(複数行) 文字列(複数行)
  • 文字列(1行)
  • ルックアップ:コピー元が文字列(1行)フィールドの場合
  • 文字列(1行)
  • ルックアップ
    • ルックアップのコピー元が文字列(1行)フィールドの場合
    • ルックアップのコピー元がリンクフィールドの場合
  • リンク
  • 数値
  • ルックアップ:コピー元が数値フィールドの場合
    • 数値
    • ルックアップ
      ルックアップのコピー元が「数値」フィールドの場合
    計算
    • 数値
    • ルックアップ
      ルックアップのコピー元が「数値」フィールドの場合
    レコード番号
    • 数値
    • ルックアップ
      ルックアップのコピー元が「数値」フィールドの場合
    • リンク
    • コピー元が「リンク」フィールドのルックアップの値
    • 文字列(1行)
    • ルックアップ
      • ルックアップのコピー元が「文字列(1行)」フィールドの場合
      • ルックアップのコピー元が「リンク」フィールドで、その「リンク」フィールドの「入力値の種類」が、アクションのコピー元の「リンク」フィールドと同じ場合
    • リンク
      リンクの「入力値の種類」が、アクションのコピー元の「リンク」フィールドと同じ場合
    日時 日時
    日付 日付
    • ユーザー選択
    • 作成者
    • 更新者
    ユーザー選択
    組織選択 組織選択
    グループ選択 グループ選択
    時刻 時刻
    リッチエディター リッチエディター
    作成日時 日時
    更新日時 日時
    ドロップダウン ドロップダウン
    ラジオボタン ラジオボタン
    複数選択 複数選択
    チェックボックス チェックボックス
    テーブル内のフィールド テーブル内のフィールド

    選択肢を持つフィールドをコピーする際の注意点

    ドロップダウン、ラジオボタン、複数選択、チェックボックスをコピーする場合、次の注意点があります。

    • コピー元とコピー先のアプリで、フィールドの選択肢名が一致する場合に、フィールドの値をコピーできます。
      • 一致する選択肢名がない場合は、初期値の選択肢が選択されます。
        ただし、ドロップダウンフィールドでは、初期値が設定されていない場合は何も選択されません。
      • 「言語ごとの名称」の設定でフィールドの選択肢名を言語ごとに指定している場合は、アクションを実行するユーザーの表示言語の選択肢名が一致する必要があります。アクションを実行するユーザーの表示言語の選択肢名を指定していない場合は、デフォルトの選択肢名が比較されます。

    制限事項

    • テーブル内のフィールドのコピー先には、テーブル内のフィールドだけを指定できます。

    • レコードのURLはテーブル内のフィールドにはコピーできません。

    • 添付ファイルフィールドはコピー先に指定できません。

    • 関連レコード一覧に含まれるフィールドの値はコピーできません。

    • アプリコードを設定しているアプリでレコード番号をコピーすると、番号のみコピーされます。アプリコードはコピーされません。

    • ゲストスペースのスペース内アプリでは、コピー先には、同じゲストスペース内のアプリだけを指定できます。
      また、ゲストスペースに所属しないアプリのアクションのコピー先として、ゲストスペース内のアプリを指定することはできません。