同じアプリ内でレコードを再利用するためのアクションを作成する

アプリアクションで、同じアプリ内の同じフィールドをコピー先に指定すると、レコードを再利用するためのアクションボタンを作成できます。
アクション機能ではレコードの再利用機能と異なり、転記するフィールドを選択することができます。

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「設定」タブ > 「その他の設定」の[アクション]を選択します。

  2. アクション設定画面の左上にある[作成]をクリックします。 アクションの作成 アクションを設定していきます。

  3. 「アクション名」で、レコード詳細画面に表示されるアクションボタンの名前を入力します。
    ここでは、「レコードを再利用する」という名前にします。 画面

  4. 「コピー先」で、データのコピー先のアプリを選択します。
    ここでは、コピー元と同じアプリ(このアプリ)を選択します。 画面

  5. 「フィールドの関連付け」で、データのコピー元とコピー先のフィールドを指定します。
    コピー元のフィールドを選択すると、コピー先に同じフィールドが自動的に選択されます。
    必要に応じて、コピー先のフィールドを変更することも可能です。
    コピー元で選択したフィールドがコピー先に指定できないフィールドの場合、コピー先のフィールドは自動的に選択されないため、手動で選択してください。
    画面

    • [すべて追加]をクリックすると、すでに関連付けされているフィールドの下に、残りの設定可能なフィールドを一括追加できます。
      関連付けたいフィールドが多い場合は、[すべて追加]でフィールドをまとめて追加した後に、データを再利用しないフィールドの設定を削除すると、効率よく設定できます。
    • すでに設定されている関連付けを、[すべてクリア]をクリックして一括削除することもできます。
  6. 「アクションの利用者」で、アクションボタンを表示するユーザーを制限できます。
    必要に応じて、あらかじめ設定されている「Everyone」の設定を削除して、アクションを利用するユーザー/組織/グループを追加します。
    画面

  7. [保存]をクリックします。

  8. 画面上部に表示されるメッセージの[アプリの設定]をクリックするか、パンくずリストの[アプリの設定]をクリックします。 画面

  9. アプリの設定画面右上の[アプリを更新]をクリックし、[OK]をクリックします。

レコード詳細画面に「レコードを再利用する」のアクションボタンが表示されるようになります。
画面

プロセス管理を設定している場合は、プロセス管理のアクションボタンと並んで表示されます。

「レコードを再利用する」のアクションボタンをクリックすると、指定したフィールドの入力内容が転記されたレコード追加画面が表示されます。
画面

ルックアップの入力内容を転記した場合は、[取得]をクリックして、情報を取得しなおす必要があります。