アプリの動作テストをする

記事番号:040483

「アプリの動作テスト」では、作成したアプリを公開する前に、アプリが意図したとおりに動作するかをテストできます。また、公開中のアプリの設定を変更する場合にも、運用環境に反映する前にアプリの動作をテストできます。

なお、公開中のアプリの運用環境に登録したレコードのデータは、テスト環境には反映されません。
また、動作テストで登録したレコードのデータは、テスト環境にのみ保存され、公開中のアプリの運用環境には反映されません。

動作テスト画面を開く手順は次の通りです。

アプリの動作テスト画面を開く

  1. アプリのレコード一覧画面の右上にある設定ボタン 設定メニュー をクリックします。
    アプリのレコード一覧画面

  2. 「設定」タブを開きます。 アプリの設定を開く

  3. [アプリの動作テスト]を開きます。 アプリの動作テストを開く

    アプリの動作を確認するためのテスト環境が開きます。 アプリのテスト環境が開く すでに動作テストしたときに登録したレコードがあれば、そのレコードのデータが表示されます。 公開中のアプリの運用環境に登録されているレコードのデータは、テスト環境には表示されません。

    動作テストで登録したレコードのデータは、テスト環境にのみ保存され、公開中のアプリの運用環境には反映されません。

動作テスト環境でできないこと

動作テスト環境では、次の設定や操作はできません。

  • レコード一覧の絞り込みは保存できません。
  • グラフは保存できません。
  • 定期レポートの作成と閲覧はできません。
  • アプリの管理権限のアクセス権は反映されません。
    動作テスト環境でも運用中のアプリの管理権限となります。
  • プロセス管理やアクセス権など、複数人のユーザーで切り替えて試すことはできません。
  • 通知は送信されません。
  • WebhookやSlack連携などの外部サービスとは連携できません。
  • レコードの絞り込みで、条件に「次のキーワードを含む」か「次のキーワードを含まない」を指定すると、正しく絞り込まれないことがあります。

動作テスト環境でできることの例

動作テスト環境でテストできることの例をいくつか紹介します。

  • フォームの設定で配置したルックアップフィールドが、レコード登録時に正しく動作するかを確認できます。
    動作テスト環境でレコード追加画面を開き、ルックアップの[取得]ボタンをクリックして、マスターデータ(参照先)から実際にデータが取得できるかを試すことができます。なお、マスターデータのデータは本番環境のものが取得対象です。
    参考:ルックアップの設定

  • フォームの設定で配置した計算フィールドの計算式が正しく動作するかを試すことができます。
    動作テスト環境でレコード登録画面を開き、テスト用にデータを入力することで、意図した通りに計算結果が表示されるかを試すことができます。
    参考:計算式の設定

  • 設定したアプリアクションが、動作テスト環境のレコード詳細画面に表示されるか確認できます。 アクションボタンをクリックして、指定したアプリの本番環境に転記できるかを試すことができます。
    参考:アプリアクションの設定