アプリの設定画面

アプリの設定画面では、フォーム、一覧やグラフ、通知やアクセス権などのさまざまな機能を、業務に合わせて設定できます。
アプリの運用を開始した後でも、アプリの設定は必要なときにいつでも変更できます。

設定画面の開きかた

アプリの設定画面を開くには、レコード一覧画面またはレコード詳細画面で、次のいずれかのボタンをクリックします。

  • 設定ボタン(アプリ設定ボタン):アプリの設定画面を開きます。
  • v 字ボタン(v 字ボタン): 各項目の設定画面へのショートカットが表示されます。詳細は、以下のとおりです。      
    項目 内容
    この一覧の設定を開く
    (作成済みの一覧を表示している場合のみ)
    現在表示中の一覧の設定画面を開きます。
    現在の列幅をアプリ設定に保存
    (作成済みの一覧を表示している場合のみ)
    現在の列幅を保存するための設定画面を開きます。
    このグラフの設定を開く
    (作成済みのグラフを表示している場合のみ)
    現在表示中のグラフの設定画面を開きます。
    フォームの設定を開く
    (レコード詳細画面を表示している場合のみ)
    フォームの設定画面を開きます。
    フォーム、一覧、グラフ、設定 アプリ設定画面のそれぞれのタブの画面を開きます。
    一般設定、通知、カスタマイズ/サービス連携、アクセス権、その他の設定 選択した項目の各設定画面を直接開きます。

アプリの設定項目

設定できる項目は、次のとおりです。

設定項目 概要
アプリ名を変更する アプリ名を変更できます。
アプリ管理者用メモの設定 アプリに関する情報を自由に書き残すことができます。
アプリ管理者用メモは、アプリの管理権限があるユーザーのみ閲覧できます。
フォームの設定 アプリにデータを入力するためのフォームを設定できます。
データの一覧の設定 アプリに登録したレコードの、一覧の表示形式を設定できます。
グラフの設定 数値の合計やレコード数などを集計するための条件を設定できます。
設定した条件は、アプリのトップページ(レコード一覧)に表示され、アプリの利用者が使用できます。
一般設定 アプリのアイコンや、デザインテーマの変更ができます。
プロセス管理の設定 複数のユーザーでレコードの編集や確認をするためのプロセス(ワークフロー)を設定できます。
通知とリマインドの設定 レコードが編集されたことや、レコードにコメントが書き込まれたことなどを、アプリの利用ユーザーに通知できます。
レコード内の日時情報をもとにしたリマインド通知も送信できます。
アプリにプラグインを追加する アプリの機能を拡張するプラグインを設定できます。
JavaScriptやCSSでアプリをカスタマイズする JavaScriptやCSSを使用して、アプリの動作や画面をカスタマイズできます。
APIトークンを生成する APIトークンを設定できます。APIトークンは、外部のプログラムで使用するkintone REST APIの認証に使用します。
Webhookの設定 kintoneでWebhookを設定すると、レコードの追加や編集などの操作が行われたとき、外部のWebサービスに通知できます。Webhookは、複数のWebサービスを連携するための仕組みです。
アクセス権の設定 アプリ、レコード、フィールドにアクセス権を設定できます。
カテゴリーの設定 レコードを階層形式で分類できます。
言語ごとの名称を設定する アプリ名やフィールド名などを、日本語、英語、中国語(簡体字)の各言語ごとに設定できます。
レコードタイトルを設定する レコードタイトルを設定できます。レコードのタイトルとは、レコード詳細画面のページタイトルや通知の見出しなどで表示される文字列のことです。
高度な設定 次の設定を行えます。
  • 画像のサムネイルの表示を有効にするかどうか
  • アプリコード
  • レコードの一括削除を可能にするかどうか
  • レコードの変更履歴の記録を有効にするかどうか
  • レコードのコメント機能を有効にするかどうか
  • レコードの再利用機能を有効にするかどうか
  • 四半期の開始月
  • 数値の有効桁数と丸めかた
アプリアクションの設定 アプリのレコードで実行するアクションを作成します。
運用管理 運用環境に適用する前に、アプリの動作をテスト環境で確認できます。
また、アプリをテンプレートとしてダウンロードできます。
アプリの削除 アプリを削除できます。