アプリの設定画面

アプリの設定画面では、フォーム、一覧やグラフ、通知やアクセス権などのさまざまな機能を、業務に合わせて設定できます。
アプリの運用を開始した後でも、アプリの設定は必要なときにいつでも変更できます。

ここでは、設定画面の開きかたや、設定内容を反映する方法について説明します。
なお、設定項目の詳細については、アプリの設定項目を参照してください。

アプリの設定画面を開く

アプリの設定画面を開くには、レコード一覧画面またはレコード詳細画面で、次のいずれかのボタンをクリックします。

  • 設定ボタン(アプリ設定ボタン):アプリの設定画面を開きます。
  • v 字ボタン(v 字ボタン): 各項目の設定画面へのショートカットが表示されます。詳細は、以下のとおりです。      
    項目 内容
    この一覧の設定を開く
    (作成済みの一覧を表示している場合のみ)
    現在表示中の一覧の設定画面を開きます。
    現在の列幅をアプリ設定に保存
    (作成済みの一覧を表示している場合のみ)
    現在の列幅を保存するための設定画面を開きます。
    このグラフの設定を開く
    (作成済みのグラフを表示している場合のみ)
    現在表示中のグラフの設定画面を開きます。
    フォームの設定を開く
    (レコード詳細画面を表示している場合のみ)
    フォームの設定画面を開きます。
    フォーム、一覧、グラフ、設定 アプリ設定画面のそれぞれのタブの画面を開きます。
    一般設定、通知、カスタマイズ/サービス連携、アクセス権、その他の設定 選択した項目の各設定画面を直接開きます。

アプリの設定内容を反映する

アプリの設定を変更した場合は、画面右上の[アプリを更新]ボタンをクリックして、運用環境に反映する操作を行う必要があります。このアプリ設定の反映操作を行うことで、設定の変更途中の状態を利用者に見せることなく、ひと通りの変更が済んだ状態の設定を運用環境に適用することができます。

運用環境に未適用の変更がある場合は、[アプリを更新]ボタンが青色で表示されます。このボタンがグレーアウトしている場合は、未適用の変更はありません。

アプリの設定変更は、途中で下書き保存しておくことや、変更を破棄することもできます。詳細は、次のページを参照してください。
アプリの設定変更を本運用環境に反映させずに、途中で下書き保存できますか?

また、アプリの動作テスト機能を利用すると、アプリの設定変更を運用環境に適用する前に、意図どおりに変更が行われているかを確認することも可能です。

アプリの設定画面を開けるユーザー

アプリの設定画面は、そのアプリの管理権限が設定されているユーザーと、cybozu.com共通管理者だけが開くことができます。アプリ管理権限を持つユーザーとcybozu.com共通管理者以外には、アプリ設定ボタンは表示されません。
初期設定では、アプリ作成者にアプリ管理権限が設定されています。

アプリの管理権限を変更したい場合、現在アプリ管理権限を持つユーザーが次の操作を行ってください。

  1. アプリ設定画面の「設定」タブにある「アクセス権」の[アプリ]を開きます。

  2. 「ユーザー/組織/グループとアクセス権」で、アプリ管理の権限を設定したいユーザー/組織/グループを追加します。

  3. 追加したユーザーなどに対して、「アプリ管理」にチェックを入れます。
    アクセス権の設定は、上の行の設定が優先されるので注意してください。