APIトークンを生成する

APIトークンは、外部のプログラムで使用するkintone REST APIの認証に使用します。
リクエストの「X-Cybozu-API-Token」ヘッダーにAPIトークンを指定することで、リクエストが認証され、APIが実行されます。複数のAPIトークンをカンマ区切りで指定することも可能です。

APIトークンを使用したリクエストの例:
GET /k/v1/record.json?app=7&id=100 HTTP/1.1
Host: example.cybozu.com:443
X-Cybozu-API-Token:cJrAD9Es62qm0Z3eE6uzQQmaDxM3q9jiDay1oysX
複数のAPIトークンを使って、顧客名をルックアップで取得する例:
curl -X POST -H "X-Cybozu-API-Token: cJrAD9Es62qm0Z3eE6uzQQmaDxM3q9jiDay1oysX, 6oDAV8hCY6HTa1AC6EZbNe2dpc1t8QnWZrHOMgMb" "https://(サブドメイン名).cybozu.com/k/v1/record.json" -H "Content-Type: application/json" -d '{app: 20, record: {"顧客名": {value: "金都運総研"}}}'

APIトークンを使用した認証の詳細は、次のページの「ユーザー認証」を参照してください。
REST APIの共通仕様 (cybozu developer network)

APIトークンを生成する手順

  1. レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタン 設定ボタン をクリックし、「設定」タブの「カスタマイズ/サービス連携」にある[APIトークン]を選択します。

  2. [生成する]をクリックします。 画像

  3. 生成されたAPIトークンに対して、許可する操作のチェックボックスを選択します。 画像

  4. 必要に応じて、メモの編集ボタン 編集ボタンをクリックして、各APIトークンのメモを入力します。
    担当者や利用目的などを記載しておくことで、APIトークンの管理に役立ちます。 画像

    • 入力欄の右下の角をマウスでつかんで広げると、横幅と縦幅を広げることができます。
    • 200文字まで入力できます。
  5. メモを入力後、保存ボタン 保存ボタンをクリックしてメモを保存します。 画像

  6. 画面左上の[保存]をクリックします。
    APIトークンの設定が保存されます。

  7. 保存した設定を運用環境に反映する場合は、画面右上の[アプリを更新]をクリックします。