出力されたファイルに関する補足事項

レコードのデータをファイルに書き出すと、値がどのように出力されるかについて補足します。

  • 1レコード1行でファイルに出力されます。
    ただし、テーブルが含まれるレコードは、1レコードの内容が複数行で出力されます。ファイルの先頭列に出力された「レコードの開始行」の「*」から次の「*」の前までの行が、1つのレコードのデータです。テーブル以外の値は、1レコード内の行に繰り返しコピーされた状態で出力されます。
    出力例

  • 計算フィールドの値は、計算結果が出力されます。

  • フィールドの設定で指定した桁区切りや単位記号は、ファイルに出力されません。

  • チェックボックスと複数選択のフィールドの値は、選択肢ごとに列が分かれ、選択された値には「1」と出力されます。
    出力例

  • リッチエディターフィールドの値をHTML形式で出力すると、入力されている一部の文字が文字参照で出力されます。
    文字参照で出力される文字の例:

    • 全角の記号の一部(&¥()*+-/:;<=>?@~| など)
    • 半角の記号の一部
    • 全角の英数字
    • 半角カタカナ など
      上記の記号や文字以外にも文字参照で出力される場合があります。

    文字を閲覧・加工しやすい形式(テキスト形式)で出力したい場合は、出力オプションの「リッチエディターをテキスト形式で出力する」にチェックを入れて、ファイルに書き出してください。

  • ユーザーや組織、グループの値を表示名で出力すると、組織間のアクセスが禁止されている場合、閲覧権限のないユーザーや組織は、ログイン名または組織コードとあわせて「(表示名を取得できませんでした)」と出力されます。

  • ユーザーの値をログイン名で出力すると、削除されたユーザーのログイン名の後には、該当ユーザーが削除された時刻がUTC(協定世界時)形式で付与されます。
    なお、ユーザーの値を表示名で出力すると、削除されたユーザーの表示名には、削除された時刻は付与されません。

困ったときは

  • 書き出したかったレコードのデータがファイルにありません。
    レコードの絞り込み条件に該当レコードが含まれていない可能性があります。ファイルに書き出されるレコードは、レコード一覧画面に表示されているレコードです。レコードの絞り込み条件を再設定するなどして、レコード一覧画面に該当レコードが表示されていることを確認してから、ファイルに書き出してください。

  • ファイルに書き出されたデータが文字化けしています。
    文字コードの指定が誤っている可能性があります。詳細は、ファイル書き出し時の文字コードの選びかたを知りたいを参照してください。