「通知」が届かないときは

kintoneの通知画面に通知が届かない場合、次の要因が考えられます。

1.自分でレコード操作をしている
2.「レコードの条件通知」を設定していて、すでに通知条件を満たしている
3.通知するレコードの閲覧権限がない
4.動作テストで操作している

kintoneに通知が届かない場合について、それぞれの対処方法を説明します。

1.自分でレコード操作をしている

自分でレコードの追加などの操作を行った場合、自分宛には通知されません。

2.「レコードの条件通知」を設定していて、すでに通知条件を満たしている

レコード登録/編集によって、該当レコードが新たに条件を満たした場合に通知されます。
新しいレコードを登録し、通知されるかをお試しください。
登録済みのレコードの場合、一度レコード編集画面で条件を満たさない値に変更してから再度条件を満たす値に変更し、通知されるかお試しください。

3.通知するレコードの閲覧権限がない

レコードの閲覧権限がない場合、通知されません。
レコードを閲覧できない場合、次のいずれかに該当していることが考えられます。

  • 「アプリのアクセス権」で閲覧権限がない
    「アプリのアクセス権」で「レコード閲覧」権限を設定してください。

  • 「レコードのアクセス権」で閲覧権限がない
    「レコードのアクセス権」で「閲覧」権限を設定してください。

  • 「アプリグループのアクセス権」でアプリを使用する権限がない
    アプリで設定しているアプリグループを変更するか、アプリグループのアクセス権の設定で「アプリの管理/使用/削除」を許可してください。
    アプリグループを変更する方法や、アプリグループのアクセス権を変更する方法は、次のページを参照してください。

  • 「アプリグループ」が「Private」である
    アプリ作成者がアプリグループを「Private」以外に変更してください。

  • 非公開スペースのアプリ、かつ、該当ユーザーがスペースのメンバーに含まれていない
    スペース管理者が該当ユーザーをメンバーに追加してください。

4.動作テストで操作している

動作テスト環境では通知は送信されません。