アカウントの共通化をしていますが、kintoneにログインできません

アカウントの共通化を行っている環境でログインできない場合は、アクセス方法が間違っている、またはユーザーのアカウントが存在しない(停止または削除されてしまった)などの可能性が考えられます。

アカウントの共通化を行っている場合、該当のゲストアカウントは、契約中のkintoneのログイン画面からアクセスする必要があります。
アカウントの共通化を行ったあとは、ゲストユーザー用のログイン画面からメールアドレスとパスワードでログインすることはできません。また、アカウントの共通化を解除することもできません。

以下に対処方法を説明します。
はじめにkintoneアカウントでログインを試すの方法をお試しください。それでもアクセスできない場合には、ユーザーのアカウント停止や削除などが行われていないか確認のうえでゲストユーザーとして再度招待してもらうをお試しください。

ゲストユーザーのログイン画面で、「kintoneアカウントでログイン」をクリックします。 kintoneアカウントでログイン

ご自身の会社などで利用中のkintoneのサブドメインを入力します。 サブドメイン入力

サブドメインを入力してもログインできない場合、ご自身の会社などで利用中のkintoneに、該当ユーザーのアカウントが存在しない(停止または削除されてしまった)などの理由が考えられます。
利用中のkintoneの管理者に、該当ユーザーのアカウントの停止や削除などが行われていないか、確認してください。
アカウントの停止や削除が行われていてアクセスできない場合、ゲストユーザーとして再度招待してもらう必要があります。

再度招待してもらう前に、利用中のkintoneの環境で、システム管理者がkintoneシステム管理にアクセスし、[ゲストユーザー管理]から該当ユーザーを削除します。
ゲストを削除する
そのあと、ゲストスペースの管理者が再度招待を行ってください。
ゲストユーザーの管理(ゲストの招待)

なお、別のメールアドレスで招待する場合は、ゲストユーザーの削除を行わなくてもゲストの招待は可能です。