kintoneは多言語対応していますか?

kintoneは、さまざまな言語でご利用いただけます。
設定画面やメニューを日本語・英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)で表示できるほか、レコードのデータやコメントなどを次のような言語でも入力して表示することもできます。
例:タイ語、マレー語、フィリピン語、インドネシア語、ベトナム語、韓国語など

画面の表示言語を切り替え可能

フォームの設定画面やメニューなど、画面の表示言語は、日本語・英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)のいずれかに切り替えることができます。ただし、中国語(繁体字)表示のときは、一部の画面は英語で表示される場合があります。
画面の表示言語は、お使いのWebブラウザーの言語設定に従うように設定することもできます。この場合、Webブラウザーで日本語・英語・中国語以外の言語が設定されていると、kintoneの画面は英語で表示されます。

画面の表示言語を切り替えるには、各ユーザーのアカウント設定から行います。詳細は、表示言語を切り替えるを参照してください。

アプリの各項目の名称を言語ごとに切り替え可能

アプリ名やフィールド名など、アプリの各項目の名称は、日本語・英語・中国語の名称をそれぞれ設定すると、画面の表示言語に応じて、自動的に切り替えることができます。

たとえば、お使いの環境を日本語で利用するユーザーと英語で利用するユーザーがいる場合、アプリの各項目の名称を日本語と英語でそれぞれ設定すると、日本語で利用するユーザーには日本語の名称が、英語で利用するユーザーには英語の名称が表示されるようになります。

なお、アプリの各項目の名称には、日本語・英語・中国語以外の言語を入力することもできます。この場合、言語ごとの名称を設定する画面で、画面の表示言語と同じ言語の欄に入力します。
たとえば、画面の表示言語が英語の場合は、言語ごとの名称を設定する画面では、英語の欄に多言語の名称を入力します。

設定方法の詳細は、言語ごとの名称を設定するを参照してください。

データやコメントを多言語で入力可能

設定画面の入力欄やコメントの入力欄など、ユーザーが入力できる箇所では、ユーザーにとって使い慣れた言語で文字を入力して表示することができます。

たとえば、スペースの管理画面でスペース名をタイ語で入力することや、レコードの追加/編集画面でデータをベトナム語で入力する、といったことが可能です。
詳細は、アプリやスペースで多言語を入力できますか?​を参照してください。