アプリのデータをCSVファイルへ書き出しExcelで開くと値が変わっています

Excelの仕様により、アプリから書き出したデータの値が変わることがあります。

アプリに入力した値 Excelのセル表示 Excelのセル内の値
000123 123 123
0343060808 3.43E+08 0343060808
-9:05 #VALUE! =-5:9
-5:5 0 =-5:5

参考までに、Microsoft社のページをご紹介します。
Excel 2007 または Excel 2010 で負の時刻が入力されたCSVファイルを開くと、負の時刻が数式と判断される場合がある(日本語のみ)

対処方法(Excelの操作)

アプリから書き出したデータをExcelにてインポートすることで、kintoneに入力されている値のまま表示することが可能です。
参考までに、Excelでテキストデータをインポートする手順を説明します。なお、利用しているExcelのバージョンによって、メニューや操作方法は異なります。

  1. 新しいExcelブックを開きます。

  2. Excel左上の[ファイル]メニューから[オプション]をクリックし、[データ]を開きます。

  3. 「レガシ データ インポート ウィザードの表示」にある「テキストから(レガシ)」にチェックし、[OK]をクリックします。

  4. Excelファイルのデータタブを開き、[データの取得]をクリックします。

  5. [従来のウィザード]から[テキストから(レガシ)]をクリックします。

  6. 「テキストファイルのインポート」画面が開いたら、kintoneから書き出したファイルを選択して開きます。

  7. 「日本語(シフト JIS)」など、必要に応じて文字コードを選択し、次に進みます。
    文字化けしていない場合は、そのままでかまいません。

  8. 区切り文字に[カンマ]を選択し、次に進みます。

  9. 「テキストファイルウィザード 3/3」画面にて、データのプレビュー欄で文字が変わっている列を選択し、列のデータ形式欄で[文字列] を選択します。
    キーボードのCtrlかShiftを押しながら列をクリックすると複数の列を選択できます。

  10. [完了]をクリックします。

  11. 「データの取り込み」画面で[OK]をクリックします。

アプリから書き出したデータがExcelファイル内で表示されているか確認してください。