レコード保存時に「以下の入力内容にエラーがあるため保存できません。」と表示される

レコード保存時、必須項目にデータが入力されていないなどレコードの入力内容に問題がある場合に、「以下の入力内容にエラーがあるため保存できません。」エラーが表示されます。
エラーの下に、入力内容の修正が必要なフィールド名(項目名)が表示されます。

フィールドの下に表示されるエラーの詳細を確認する

フィールドの下に表示されるエラーの詳細を確認し、入力内容を修正してください。
表示されるエラーの解説は、エラーごとの対処方法で説明しています。

エラー内に「(項目名が表示されません)」と表示される場合、エラーが発生しているフィールドに閲覧権限がないことが原因として考えられます。
このエラーを解消するには、アプリ管理者に、アプリの設定を確認してもらう必要があります。
対処方法の詳細は「(項目名が表示できません)」と表示されてレコードが保存できない(アプリ管理者向け)のページを参照してください。

エラーに表示されているフィールドが見つからない場合

エラーに表示されている項目名がレコード入力画面に見つからない場合、フィールド名が非表示に設定されている可能性があります。レコード入力画面内でフィールドの下にエラーが表示されている箇所を探して、値を修正してください。

入力画面内を探してもエラーが表示されているフィールドが見つからない場合、APIやプラグインのカスタマイズで、該当のフィールドが一時的に非表示になっている可能性があります。
アプリ管理者に、カスタマイズやプラグインの設定に問題が生じていないか確認してください。

なお、フォーム上でフィールド名を非表示にした場合でも、エラーメッセージや絞り込みの設定ではフィールド名が表示されるため、わかりやすいフィールド名を設定するようにしてください。

エラーごとの対処方法

フィールドの下に表示されるエラーメッセージごとの対処方法を説明します。

エラー:必須です。

フィールドを空白にせず、入力してください。
ルックアップフィールドが必須項目の場合は、値を取得している必要があります。

エラー:(日付、日時、時刻)の形式が不正です。

日付は年月日の順序でハイフン区切り(例:2020-06-05)で入力します。kintoneを英語表示にしている場合は、月日年の順序でスラッシュ区切り(例: 06/05/2020)で入力します。

時刻は12時間表記の場合「05:25 PM」形式で入力し、24時間表記の場合は「17:25」形式で入力します。
時刻表記の切り替えは個人設定で可能です。

日付と日時の入力制限はフィールドの入力制限のページを確認してください。

エラー:(URL、メールアドレス)の形式が正しくありません。

リンクフィールドでは、入力値の種類(Webサイトのアドレス、電話番号、メールアドレス)によって制限があります。詳しくはフィールドの入力制限のページを確認してください。
入力値の種類の変更が必要な場合は、アプリ管理者に相談してください。

エラー:××文字より長くなければなりません。

フィールドの設定の、「文字数(整数で指定)」の「最小」で設定している文字数より大きい値を入力してください。

エラー:××文字より短くければなりません。

フィールドの設定の、「文字数(整数で指定)」の「最大」で設定している文字数より少ない値を入力してください。

エラー:数字でなければなりません。

数値フィールドには、半角数字のみ入力できます。
全角数字やカンマ(,)は入力できません。

エラー:値がほかのレコードと重複しています。

フィールドの設定で「値の重複を禁止する」にチェックをつけている場合、ほかのレコードと異なる内容を入力する必要があります。

エラー:65文字より短くなければなりません。

フィールドの設定で「値の重複を禁止する」にチェックをつけている場合、64文字以下で入力してください。

エラー:有効桁数を越えています。

次のいずれかの要因により、数値フィールドで表示されるエラーです。

  • 「高度な設定」で指定している「全体の桁数」より大きな桁数を入力した
    「高度な設定」の「全体の桁数」より短い数値を入力するか、または「全体の桁数」を変更する必要があります。

  • 数値フィールドの設定で「値の重複を禁止する」にチェックが入っている場合に65文字以上を入力した
    数値フィールドの重複禁止の設定をしている場合は、64文字以下の値を入力するようにしてください。

「高度な設定」や数値フィールドの重複禁止の設定を変更したい場合は、アプリ管理者に相談してください。