グラフに「項目が多すぎます。先頭500項目のみ表示されています。」と表示される

グラフでは、「分類する項目」で設定した大項目・中項目・小項目の総数が500を超えると、集計結果の画面右上に「項目が多すぎます。先頭500項目のみ表示されています。」というメッセージが表示されることがあります。
この場合、集計結果には、グラフの「ソート」の設定を元に、先頭500項目が表示されます。

メッセージが表示されるのは、グラフの種類が以下の場合です。

  • 横棒グラフ
  • 縦棒グラフ
  • 折れ線グラフ
  • 曲線グラフ
  • 面グラフ
  • 曲線面グラフ
  • 円グラフ

対処方法は次のとおりです。

  • グラフに絞り込み条件を設定し、大項目・中項目・小項目の総数が500以下となるように集計する
    参考:グラフを設定する

  • 「クロス集計表」を利用する
    大項目は50個、中項目は1,000個まで確認できます。

  • 「表」を利用する
    集計結果の上位10,001個まで確認できます。

  • 集計結果をファイルに出力して確認する
    集計結果の上位10,001個まで確認できます。
    参考:集計結果をファイルに書き出す