チームのスペースを作ってみよう

記事番号:040143

スペースとは、必要なやり取りや情報を集約できるチームの「場所」のようなものです。チームやプロジェクトごとにスペースを作成し、そのスペースに参加するメンバーを自由に設定できます。

ここでは、スペースの基本操作をイメージできるような、簡単なスペースの作成方法を紹介します。操作手順に従って実際にスペースを作成し、スペースとはどのようなものかイメージしてみましょう。

完成イメージ:
ここでは、例として以下のような「営業部スペース」を作成してみます。 完成イメージの画像

番号 解説
(1) スペースの名前は、「営業部スペース」という名前にします。
(2) 「スレッド」とは、スペース内でテーマごとに作成できる掲示板のような機能です。スペースを作成する際に、そのスペースで複数のスレッドを運用するか、1つのスレッドのみにするかを指定できます。
ここでは、営業部内の色々なトピックに対して1つずつスレッドを作りたいので、複数のスレッドを運用できるようなスペースを作成します。
(3) スペースの参加メンバーには、営業部のメンバーを設定します。

では、早速「営業部スペース」を作ってみましょう。
  1. kintoneのトップページで「スペース」の右側のプラスボタン [+] アイコン をクリックし、[スペースを作成]をクリックします。 画像

  2. [はじめから作る]をクリックします。 画像

  3. 「基本設定」タブで、スペース名に「営業部スペース」と入力します。 画像

  4. 「スペースのポータルと複数のスレッドを使用する」にチェックを付けます。
    チェックを付けることで、テーマごとに複数のスレッドを作成できるようになります(例:「商談対応スレッド」「提案書共有スレッド」など)。
    画像

  5. [参加メンバー]タブをクリックします。

  6. スペースの参加メンバーにしたいユーザーを検索するか、組織/グループの選択アイコン 画像 から選択して[追加]をクリックします。
    ここでは、営業部メンバー全員を設定したいので、組織/グループの選択アイコン 画像から「営業部」を選択し、右上に表示される「すべて選択」にチェックを付けて追加します。 画像 画像

  7. [保存]をクリックします。

これで、以下のような営業部スペースが完成しました。

kintoneのトップページに戻ると、「スペース」欄に「営業部スペース」が表示され、クリックすると営業部スペースを開くことができます。また、参加メンバーとして設定されたユーザーのkintoneでも同じように表示されます。
次は、営業部スペースにスレッドを作成して、スレッド上でメンバーとやり取りしてみましょう。スレッドでチームメンバーとやり取りしてみようを参照してください。