メール通知を有効にする

kintoneでは、アプリにレコードが登録されたときなどに、ユーザーが通知を受け取れます。通知はポータル(kintoneのトップページ)に表示されます。
通知を確認する

メール通知機能を有効にすると、ユーザーは通知をメールでも受け取れるようになります。 メール通知を有効にするには、次の設定が必要です。

  • システムメールアカウント(cybozu.com共通管理者が設定します)
  • 通知を受信するユーザーのメールアドレス(cybozu.com共通管理者が設定します)
  • kintoneのメール通知機能を有効にする設定(kintoneのシステム管理者が設定します)
  • アプリごとの通知設定(各アプリの管理者が設定します)
  • 個人設定(各ユーザーが設定します)

cybozu.com共通管理での設定

cybozu.com共通管理者(「Administrators」グループに所属するユーザー)が設定します。

  1. cybozu.com共通管理画面で、通知の送信に使用するメールサーバーと、システムメールアドレスを設定します。
    システムメールを設定する(cybozu.com ヘルプ) 画像
  2. メール通知を受信するユーザーのユーザー情報に、メールアドレスを設定します。
    ユーザー情報を編集する(cybozu.com ヘルプ) 画像

kintoneシステム管理での設定

kintoneのシステム管理者が設定します。

  1. システム管理画面を開きます。
    システム管理画面を開く
  2. [利用する機能の選択]をクリックします。
  3. 「通知のメール送信機能を利用する」のチェックボックスを選択し、メールの送信形式、およびユーザーの個人設定の初期設定を選択します。
    画像

    送信形式
    HTML形式、テキスト形式のいずれかを選択します。
    HTML形式のメール通知の例:
    画像
    テキスト形式のメール通知の例:
    画像
    個人設定の初期設定
    自分宛の通知をメールで受信するかどうかについて、個人設定の初期設定を選択します。
    初期設定で設定した値は、各ユーザーがあとから変更できます。
    初期設定の変更は、個人設定が未設定のユーザーと、変更後に追加したユーザーだけに適用されます。
    「自分宛」の通知については、次のページを参照してください。
    「自分宛」の通知と他の通知の違い
    その他の設定
    「REST APIの通知をメールで送信」のチェックが外れていると、一部のメールが届かないことがあります。すべての通知を受け取りたいときは、設定を有効にします。
    「REST APIの通知をメールで送信」とは

  4. [保存]をクリックします。

アプリの設定

通知を受信するアプリで、各アプリの管理者が通知を設定します。
アプリの通知設定では、さまざまな通知条件を設定できます。
通知とリマインドの設定

例えば、「レコードが登録されたらAさんに通知を送る」「ステータスが”承認”になったら登録者に通知を送る」といった運用も可能です。 画像

個人設定

各ユーザーが設定します。
通知をメールで受信するかどうかを設定します。
メール通知を設定する 画像