kintoneにプラグインをインストールする

プラグインを利用すると、アプリの機能を拡張できます。
ユーザーは、管理者がインストールしたプラグインのみ利用できます。
プラグインの利用には次の2つの操作が必要です。

  • kintoneシステム管理にプラグインをインストールする
  • 各アプリごとに利用するプラグインを追加する

このページでは、kintoneシステム管理にプラグインをインストールする手順を説明します。 プラグインは、次のいずれかの方法でインストールします。

  • プラグインストアからインストールする
  • ファイルから読み込んでインストールする

kintone公式サイトの拡張機能ページでも、用途に応じてさまざまなプラグインご紹介しています。ぜひご覧ください。

プラグインストアからインストールする

プラグインストアから無料でメールワイズ連携Garoonスケジュール連携をインストールできます。

  1. システム管理画面を開きます。
    システム管理画面を開く
  2. 「その他」の[プラグイン]をクリックします。
    画像
  3. インストールするプラグインの[インストール]をクリックします。
    「インストールが必要なプラグイン」は、次の条件にあてはまるプラグインです。

    • 一度インストールして、アプリに追加した後に、アプリの設定で利用を解除せずにアンインストールしたプラグイン
    • テンプレートから読み込んで追加したアプリで使われているプラグイン
      条件にあてはまるプラグインがある場合のみ表示されます。
      該当するプラグインは、インストールするまで利用できません。 画像
  4. [OK]をクリックします。

プラグインのステータスが「インストール済み」となっていればインストールが完了です。
プラグインストアからインストールしたプラグインは、自動的に最新のバージョンにアップデートされます。

ファイルから読み込んでインストールする

自分で作成したプラグインやkintoneの開発パートナーが提供するプラグインを利用する場合は、ファイルから読み込んでインストールします。

  1. システム管理画面を開きます。
    システム管理画面を開く
  2. 「その他」の[プラグイン]をクリックします。
    画像
  3. [読み込む]をクリックします。 画像
  4. [参照]をクリックし、読み込むプラグインのファイル「xxx.zip」を選択します。

  5. [読み込む]をクリックします。

「読み込んだプラグイン」としてプラグイン名が表示されていればインストールが完了です。
ファイルから読み込んでインストールしたプラグインをアップデートするには、新しいバージョンのプラグインのファイルをもう一度読み込みます。読み込む手順は、インストールと同様です。

システム管理者がプラグインをインストールしたあとは、アプリ管理者が各アプリの設定画面でプラグインを追加します。方法はアプリにプラグインを追加するのページで説明しています。