ポータルの設定/変更

kintoneのトップページを「ポータル」と呼びます。kintoneの入り口にあたるページで、多くの場合、ユーザーのアクセスがもっとも多く集まります。
初期設定では、ポータルには次の情報が表示されます。
1:お知らせ掲示板
2:通知
3:未処理
4:スペース
5:アプリ
ポータルの画像

ポータルに表示される情報の詳細は、ポータルの見かたで説明しています。

ポータルの設定を変更する

kintoneのシステム管理を持つユーザーとcybozu.com共通管理者は、次の設定を変更できます。

  • 「ポータル」の名称を変更できます。
  • ポータルのカバー画像を変更できます。
  • 「お知らせ掲示板」や「アプリ」などの各エリアを必要に応じて非表示にできます。
  • 「お知らせ掲示板」に掲示する内容を編集できます。

ポータル名やカバー画像、ポータルに何を表示するかは、ポータル画面右上のオプションボタン オプション から設定できます。
「お知らせ掲示板」に掲示する内容は、お知らせ掲示板の右上の 編集ボタン 編集ボタン をクリックして編集します。
お知らせ掲示板の使い方

ここでは、ポータル画面右上のオプションボタン オプション からの設定手順を説明します。

手順

  1. 画面右上のオプションボタン オプション をクリックし、[ポータルの設定]を選択します。
    ログイン画面の画像
  2. 必要な項目を設定します。
    ログイン画面の画像
  3. [保存]をクリックします。

ポータルのカスタマイズ

Kintone Portal Designer(Chrome拡張)やAPIを利用して、ポータルをカスタマイズすることが可能です。
各カスタマイズ方法のポイントは、次のとおりです。

Kintone Portal Designerを利用したカスタマイズ

Kintone Portal Designerとは、HTMLとCSSを使用して、kintoneのポータルを自由にデザインできるツール(Chrome拡張)です。複数のテンプレートやアイコンが用意されており、テンプレートの一部を書き換えるだけで、ポータルをデザインできます。HTMLやCSSの基礎的な知識があれば、好みや用途にあったポータルをデザインできます。

デザイン例1:
ポータルのデザイン例1

デザイン例2:
ポータルのデザイン例2

Kintone Portal Designeは、以下のリンクからインストールできます。

また、JavaScriptを組み合わせることで、HTMLやCSSだけでは実現できない複雑な動きを組み込むことも可能です。

詳細は、cybozu developer networkサイトのKintone Portal Designerを使ってポータルをデザインしようページで解説しています。

APIを利用したカスタマイズ

kintoneが提供するAPIを利用してJavaScriptプログラムを作成し、それをkintoneに適用することで、ポータルをカスタマイズすることが可能です。たとえば、ポータルにボタンを設置するなどのカスタマイズが可能です。

JavaScriptファイルをkintoneに適用する方法については、JavaScriptやCSSを使用したカスタマイズを参照してください。