ポータルをカスタマイズする

kintoneのトップページを「ポータル」と呼びます。kintoneの入り口にあたり、多くの場合、ユーザーのアクセスがもっとも多く集まるページになります。

このページでは、初期設定でポータルに表示される情報と、ポータルをカスタマイズする方法を解説します。

ポータルに表示される情報

初期設定では、ポータルには次の情報が表示されます。

ポータルの画像
エリア 説明
1. お知らせ掲示板

kintoneのユーザーに共有したい情報を自由に記述できるエリアです。アプリやグラフを配置することもできます。

お知らせ掲示板はユーザーの目に止まりやすいので、ユーザーに積極的に見せたい情報を掲示しましょう。たとえば、通達事項や、よく使うアプリ/スペースへのリンクなどです。詳細はお知らせ掲示板の使いかたを参照してください。
2. 通知 アプリ、スペースやピープルなどの更新通知が表示されるエリアです。表示される情報はユーザーごとに異なります。
3. 未処理 自分のタスク(プロセス管理機能を利用したアプリで、自分が作業者に指定されているレコード)が表示されるエリアです。表示される情報はユーザーごとに異なります。自分のタスクがない場合は、表示されません。
4. スペース 自分が参加するスペースが表示されるエリアです。表示されるスペースはユーザーごとに異なります。
5. アプリ 自分がお気に入りに登録したアプリが表示されるエリアです。表示されるアプリはユーザーごとに異なります。

ポータルをカスタマイズする

kintoneのシステム管理者は、次の点でポータルをカスタマイズできます。

  • 「ポータル」の名称を変更できます。
  • ポータルのカバー画像を変更できます。
  • 「お知らせ掲示板」に掲示する内容を編集できます。
  • 「お知らせ掲示板」や「アプリ」などの各エリアを必要に応じて非表示にできます。

手順

  1. 画面右上の オプションメニュー をクリックし、[ポータルの設定]を選択します。
    ログイン画面の画像
  2. 必要な項目を設定します。
    ログイン画面の画像
  3. [保存]をクリックします。

さらに高度なカスタマイズ

HTMLとCSSを使用すると、ポータルを自由にデザインすることが可能です。

ポータルのデザイン例1 ポータルのデザイン例2

豊富なテンプレートと、テンプレートを手軽に改造するためのChrome拡張が用意されています。HTMLやCSSの基礎的な知識があれば、好みや用途にあったポータルをデザインできます。
Chrome ウェブストア(英語)
Chrome ウェブストア(日本語)

もちろん、一から自分でデザインすることも可能です。JavaScriptを組み合わせることで、HTMLやCSSだけでは実現できない複雑な動きを組み込むこともできます。

Chrome拡張の詳細は、cybozu developer networkサイトのKintone Portal Designerを使ってポータルをデザインしようページで解説しています。