ゲストユーザーの管理

記事番号:04035

ゲストユーザー管理画面では、ゲストユーザーに関するライセンスの使用状況や、ゲストスペースに参加中のゲストユーザーの一覧を確認できます。
ゲストユーザーの管理画面

ゲストユーザーの一覧から、ゲストユーザーに対して、次の操作ができます。

それぞれの操作方法を以下に説明します。

ゲストの使用状態を切り替える

ゲストユーザーの使用状態を使用中/停止中のどちらかに切り替えできます。
使用状態が「停止中」のゲストユーザーは、kintoneにアクセスできません。

  1. 画面右上の設定メニュー 設定メニュー をクリックし、[kintoneシステム管理]を開きます。
    システム管理を開く

  2. [ゲストユーザー管理]を開きます。

  3. 使用状況を切り替えたいユーザー名の編集ボタン 編集ボタン を開きます。
    ゲストユーザーの編集画面を開く

  4. 使用中/停止中のどちらかを選択して、[保存]をクリックします。 ゲストユーザーのステータスを変更

ゲストのパスワードを変更する

システム管理者がゲストユーザーのパスワードを変更できます。
ただし、ゲストユーザーが他のドメインのkintoneアカウントと共通化している場合は、そのゲストユーザーのパスワードは変更できません。

必要に応じて、ログイン時に使用するメールアドレスもあわせて確認することができます。

  1. 画面右上の設定メニュー 設定メニュー をクリックし、[kintoneシステム管理]を開きます。
    キントーンシステム管理を開く

  2. [ゲストユーザー管理]を開きます。

  3. パスワードを変更したいユーザー名の編集アイコン 編集アイコン を開きます。
    ゲストユーザーの編集画面を開く

  4. 新パスワードを2か所入力して、[保存]をクリックします。 パスワードを変更 必要に応じて、「E-mail」欄でログイン時のメールアドレスを確認できます。

ゲストを削除する

kintoneからゲストユーザーを削除します。
削除されたゲストユーザーはkintoneにログインできなくなり、ゲストスペース内のメンバーにも表示されません。

  1. 画面右上の設定メニュー 設定メニュー をクリックし、[kintoneシステム管理]を開きます。
    キントーンシステム管理を開く

  2. [ゲストユーザー管理]を開きます。

  3. 削除したいユーザー名の削除アイコン 削除アイコン をクリックして、[削除する]をクリックします。
    ゲストを削除する

ゲストに適用されるログインセキュリティの設定

cybozu.com共通管理で設定するログインセキュリティの設定には、ゲストに適用される項目と、適用されない項目があります。
詳細は、次のとおりです。

項目 適用 備考
SAML認証を有効にする 常に無効です。
ユーザーパスワードの最小文字数  
パスワードの複雑さ  
ログイン名と同じパスワードの使用をユーザーに許可する  
パスワードの有効期間  
パスワード再利用の制限回数  
パスワードの変更をユーザーに許可する 常に自分のパスワードを変更できます。
次回ログイン時に、ユーザーにパスワードの変更を要求する  
パスワードのリセットをユーザーに許可する 常に自分のパスワードをリセットできます。
アカウントロックアウト 常にロックアウトされません。
ログインセッションの有効期間
ログイン名の自動補完を有効にする 常に無効です。
ログイン名とパスワードのWebブラウザーへの保存を許可する 常に許可されません。
自動ログインをユーザーに許可する 常に許可されません。

✔:ゲストに設定が適用されることを表します。

なお、ゲストのログイン画面には、IPアドレス制限は適用されません。
二段階認証を設定して、認証を強化することを推奨します。
二段階認証の詳細はゲストの二段階認証を有効にするのページを参照してください。