アプリグループにアクセス権を設定する

アプリグループにアクセス権を設定すると、同じアプリグループに所属する複数のアプリのアクセス権を一括で設定できます。
アプリのアクセス権でひとつずつアクセス権を設定しなくても、「営業部のアプリグループに所属するアプリは、営業部のメンバーのみ閲覧、操作できる」といった設定が可能となり、便利です。

アクセス権の詳細

システム管理のアプリグループの画面では、アプリグループごとに次の権限を設定できます。

  • グループに所属するアプリの作成
  • グループに所属するアプリの管理、使用および削除

「アプリの作成」と「アプリの管理/使用/削除」の詳細を説明します。

アプリの作成

アプリグループ内にアプリを作成する権限です。
アプリグループ内にアプリを作成するには、この権限設定だけではなく、以下のアクセス権限が有効になっている必要があります。

  • kintoneシステム管理のアクセス権で、アプリの作成権限が許可されている
  • アプリグループのアクセス権で、「アプリの管理/使用/削除」が許可されている

アプリの管理/使用/削除

次の操作が有効になる権限です。

    • レコードの閲覧
    • レコードの追加
    • レコードの編集
    • レコードの削除
    • アプリの設定画面の操作
    • ファイル読み込み
    • ファイル書き出し

設定手順

アプリグループにアクセス権を設定する手順は次のとおりです。

  1. kintoneシステム管理画面を開きます。
    kintoneシステム管理画面を開く

  2. [アプリグループ]をクリックします。 アプリグループをクリックする

  3. アクセス権を設定するアプリグループの[アクセス権]をクリックします。今回は「営業部用」というアプリグループにアクセス権を設定します。
    アプリグループのアクセス権

  4. アプリグループのアクセス権を設定します。
    1人のユーザーに対して複数の権限を設定した場合、上の行の設定が優先されます。

    • 設定例1:
      ユーザー「高橋 健太」、アプリの作成[許可する]、アプリの管理/使用/削除[許可する]
      ユーザー「Everyone」、アプリの作成[許可しない]、アプリの管理/使用/削除[許可する]
      アプリグループのアクセス権の設定画面 「高橋 健太」だけが、「営業部用」アプリグループを選択してアプリの作成ができます。
      「高橋 健太」以外のユーザーは、「営業部用」アプリグループを選択してアプリを作成することはできません。
      作成されたアプリの閲覧、レコード登録、アプリの設定画面へのアクセスはできます。

    • 設定例2:
      ユーザー「高橋 健太」、アプリの作成[許可しない]、アプリの管理/使用/削除[許可しない]
      ユーザー「Everyone」、アプリの作成[許可する]、アプリの管理/使用/削除[許可する]
      画像 「高橋 健太」以外のすべてのユーザーが、アプリの作成、使用、管理および削除ができます。
      「高橋 健太」は、営業用アプリグループに作成されたアプリを閲覧できません。    
  5. アクセス権を設定したら、[保存]をクリックします。
    画像