アプリ管理画面でアプリの一覧を確認する

アプリ管理画面の「アプリの一覧」では、自分に管理権限のあるアプリを確認できます。
管理権限のあるアプリのうち、自分が作成したアプリのみを絞り込み表示することも可能です。

アプリの一覧の項目説明

アプリの一覧の各項目について説明します。
アプリの一覧に表示される項目は、お使いの環境やご契約のコースによって異なります。

画像

項目名 説明
ID 自動的に割り振られたアプリのIDです。
アプリ名 アプリの名前です。
アプリ名をクリックすると、該当のアプリが開きます。作成途中で未公開のアプリはクリックできません。
設定 設定ボタンをクリックすると、アプリの設定画面が開きます。
アプリグループ アプリが所属するアプリグループです。
詳細はアプリグループとはのページを参照してください。
ステータス アプリのステータスです。
  • 運用開始前:作成途中の未公開のアプリ
  • 運用中:公開中のアプリ
  • 変更あり:公開中のアプリのうち、設定の変更が運用環境に未反映のアプリ
レコードの最終更新日 最後にレコードが追加/編集された日です。
レコードの最終更新日が更新される操作は、次のとおりです。
  • レコードの追加/編集画面でのレコードの追加/編集
  • ファイル読み込み(Excel/CSV)によるレコードの追加/編集
  • APIの実行によるレコードの追加/編集
次の操作を行っても、レコードの最終更新日は更新されません。
  • プロセス管理のステータスや作業者の変更
  • コメントの書き込み
  • レコードの削除
  • 動作テスト環境での操作
アプリ作成後に一度もレコードが追加/編集されていない場合は、アプリの作成日が表示されます。
「(データなし)」と表示されているアプリは、2021年1月のアップデートより前に作成され、アップデート後に一度もレコードが追加/編集されていないアプリです。

レコードの最終更新日の詳細や、この列を利用したアプリの棚卸し方法は次のページを参照してください。
「レコードの最終更新日」を利用してアプリを棚卸しする
レコード数 アプリに登録されているレコード数です。
作成途中で未公開のアプリでは、「0」と表示されます。
フィールド数 アプリに配置されているフィールド数です。
次の項目はフィールド数に含まれません。
  • 作成者
  • 更新者
  • 作成日時
  • 更新日時
  • レコード番号
  • ラベル
  • スペース
  • 罫線
  • カテゴリー
  • プロセス管理のステータス(処理状況)
  • プロセス管理の作業者
グループフィールドとテーブルは、それ自体もフィールド数にカウントされます。たとえば、テーブルの中にチェックボックスと文字列(1行)がある場合、全部で3つのフィールドとなります。
作成途中で未公開のアプリでは、「0」と表示されます。
1日のAPIリクエスト数 1日のAPIを利用したリクエスト数がカウントされます。
作成途中の未公開のアプリやPrivateアプリグループに所属するアプリは、カウントの対象外です。
カスタマイズ 次のいずれかを設定していると「あり」と表示されます。
  • JavaScript/CSSによるカスタマイズ
  • 「カスタマイズ」形式の一覧
  • プラグイン
カスタマイズを設定していない場合は「なし」と表示されます。
作成者 アプリを作成したユーザーです。
作成日時 アプリを作成した日時です。
アプリのステータス(運用開始前や運用中)にかかわらず、アプリを作成した時点の日時が表示されます。
設定の最終更新者 アプリの設定を最後に更新したユーザーです。
設定の最終更新日時 アプリの設定を最後に更新した日時です。

次の項目は、項目名をクリックして昇順/降順で並べ替えることができます。

  • ID、アプリ名、アプリグループ、ステータス、レコードの最終更新日、レコード数、フィールド数、1日のAPIリクエスト数、作成者、作成日時、設定の最終更新者、設定の最終更新日時

アプリの一覧で自分が作成したアプリのみ表示する

「表示するアプリ」から「管理権限のあるアプリ(自分が作成したアプリのみ)」に切り替えることで、管理権限のあるアプリのうち、自分が作成したアプリのみを絞り込んで表示できます。
画像

作成途中だった自分のアプリを見つけて設定を再開したいときや、自分が作成したアプリを整理・削除したいときなどに活用できます。