ディスク使用量を減らすにはどうすればいいですか?

cybozu.com共通管理の「契約状況」に表示されるディスク使用量には、添付ファイル領域、監査ログ保存領域、およびデータベース領域があります。ディスク使用量を減らすには、不要な添付ファイルを削除してください。添付ファイルを削除するとその分だけ使用量が減り、新たなデータを追加したときに空き容量を使用できます。

添付ファイル領域のデータ

添付ファイル領域に含まれるデータは、アプリの添付ファイルフィールドやコメントなどに添付されたファイルです。添付ファイルを削除すると、ディスク使用量の空き容量が増えます。

添付ファイル領域のデータ

データベース領域のデータ

データベース領域に含まれるデータは、次のとおりです。

  • 添付ファイル以外の入力データ
  • 設定情報

データベース領域は、保存データに応じて自動的に拡張されます。一度拡張された領域は保存データの有無にかかわらず減らないため、データベース領域のデータを削除してもディスク使用量は変わりません。データを削除したデータベースの空き容量は、再利用されます。 データベース領域のデータ

アプリのディスク使用量を減らす

変更履歴を有効にしている場合、レコードからファイルを削除しても変更履歴には添付ファイルが残ります。変更履歴に残ったファイルを削除するには、次のいずれかの操作が必要です。

レコードの変更履歴を無効に設定すると、履歴が削除されます。 削除には時間がかかる場合があるため、すぐにはディスク使用量が減らないことがあります。

監査ログのディスク使用量を減らす

APIを使用する場合など、大量のデータの追加/更新/削除を頻繁に繰り返すと、監査ログが多く記録されます。添付ファイルを削除したり、レコードの変更履歴を無効にしたりしてもディスク使用量が多い場合は、監査ログの保存期間を短くすると、ディスク使用量が減る場合があります。
監査ログの保存期間や監査ログを書き出すファイルの形式を設定する