iOS 15の場合

記事番号:01077

クライアント証明書を、iPhoneやiPad版のSafariに登録したり、Safariから削除したりする方法を説明します。
ここでは、iOSのバージョンが15.3の場合を例に説明します。

クライアント証明書を登録する

メール経由でクライアント証明書をiPhoneやiPadに送り、Safariに登録します。

セキュアアクセス(cybozu.com)のクライアント証明書の場合:
ユーザー自身でクライアント証明書とパスワードを入手できるため、手順1と2は不要です。手順3に進んでください。
クライアント証明書とパスワードの入手については、セキュアアクセスを利用している場合を参照してください。
なお、「モバイルからのアクセス」が表示されない場合は、管理者にクライアント証明書を発行してもらう必要があります。手順1から行ってください。

  1. システム管理者から、クライアント証明書と、クライアント証明書のパスワードを入手します。
    入手したクライアント証明書は、クライアントパソコンの任意のフォルダーに保存します。

  2. クライアント証明書を登録するiPhoneやiPadに、クライアント証明書を送ります。

    1. iPhoneやiPadでメールを受信できることを確認します。
    2. 入手したクライアント証明書を添付したメールを送信します。
    3. iPhoneやiPadでメールを受信します。
  3. iPhoneやiPadで受信したメールを開き、クライアント証明書「(ユーザーのログイン名).pfx」をタップします。

  4. [許可]をタップします。

  5. プロファイルをダウンロードしたら、[閉じる]をタップします。

  6. ホーム画面で 設定をタップします。

  7. [一般]をタップします。

  8. [VPNとデバイス管理]をタップします。

  9. 「ダウンロード済みプロファイル」にある対象のプロファイルをタップします。

  10. [インストール]をタップします。

  11. 端末に設定しているパスコードを入力します。
    必ず、クライアント証明書のパスワードの入力前にパスコードを入力してください。

  12. 警告画面で、[インストール]をタップします。

  13. 確認画面で、[インストール]をタップします。

  14. クライアント証明書のパスワードを入力します。
    クライアント証明書のパスワードが不明な場合、システム管理者にお問い合わせください。

  15. [次へ]をタップします。

  16. [完了]をタップします。

  17. セキュリティ保護のため、次のデータを削除します。

    • クライアントパソコンから:
      保存しているクライアント証明書
    • iPhoneやiPadから:
      クライアント証明書が添付されたメール
  18. Safariを起動し、次のURLにアクセスします。

    • https://(サブドメイン名).s.cybozu.com/
      1. リモートサービスのクライアント証明書をお使いの場合:
        リモートサービス用のURLを入力する必要があります。入力するURLは、リモートサービスマニュアルのURLを指定してアクセスする方法を参照してください。

クライアント証明書を差し替える

使用しているクライアント証明書を新しいものに差し替えます。

  1. システム管理者から、新しいクライアント証明書と、クライアント証明書のパスワードを入手します。
  2. 古いクライアント証明書を削除します。
    クライアント証明書を削除する
  3. 新しいクライアント証明書を登録します。
    クライアント証明書を登録する

クライアント証明書を削除する

クライアント証明書を削除します。

  1. ホーム画面で 設定をタップします。

  2. [一般]をタップします。

  3. [VPNとデバイス管理]をタップします。

  4. 削除するプロファイルをタップします。

  5. [プロファイルを削除]をタップします。

  6. 端末に設定しているパスコードを入力します。

  7. 確認画面で、[削除]をタップします。